前代未聞!300人が地上350mでギネス記録に挑戦!!

530(ごみゼロ)の語呂にちなんで、掃除機の日とされている5月30日。
まだ街も目覚めない早朝から、地上350メートルの東京スカイツリー 天望デッキ フロア350では、誰もが驚くイベントが動き出していました。

出典筆者撮影

それはなんと、大勢で一度にスカイツリーの展望デッキを大掃除して、ギネス世界記録に挑戦しようというもの。

パナソニックから6月下旬に発売されるコードレススティック掃除機「iT(イット)」を使って、250人以上が一斉に3分間に5m以上掃除機をかけることで、世界記録に認定してもらうという、斬新で大胆なイベントです。

会場には約300人の挑戦者が集まり、開始時間が近づくと、一人一人にコードレススティック掃除機「iT(イット)」が配られました。
この「iT(イット)」、一見掃除機には見えないほどスリムなデザインだから、これほどの人が集まっていても邪魔にならないのがすごい。

出典筆者撮影

ルールは、
・5メートル区間のスタートライン、ゴールラインを、掃除機をかけながら3分以内に通過すること
・参加者一人一人が一台ずつ掃除機を使用すること
・記録挑戦中は掃除機の電源を切らないこと
・挑戦中は掃除機を床面から離さないこと
・一度越えたゴールラインに逆戻りしないこと

挑戦の様子は認定員たちが厳しく観察し、一つでもルールを破れば即失格!
約300人の挑戦者のうち、250人以上がクリアしなければ、ギネス世界記録に認定してもらうことはできません

さぁ、一体どうなるでしょうか?

いよいよ、ギネス世界記録に挑戦!!

スカイツリー運営会社とパナソニック、主催するふたつの会社の代表者からの挨拶、ギネス世界記録公式認定員 ジャスティン・パターソンさんによる挨拶によってスタートセレモニーが終わると、いよいよチャレンジスタート!!

出典筆者撮影

挑戦者が一斉に「iT(イット)」を構え、電源をオンに。
そして、スタートのブザーとともに、ゆっくりと約300人による大掃除が始まりました!

出典筆者撮影

こんなの見たことない!押し寄せる掃除機の大群!!

出典筆者撮影

掃除機を床から離さないよう、真剣なまなざしで掃除機をかけながら、展望デッキの回廊をゆっくり進む挑戦者のみなさん。

どんどんどんどん「iT(イット)」の大群が迫ってくる様子は、何とも異様な光景。
とはいえ、ギネス世界記録をこの手で生み出したい!
ギネス世界記録が生まれる瞬間を見届けたい!
という参加者の想いが一つになって、会場は熱気に包まれました。

出典筆者撮影

ほどなくして、チャレンジタイムは終了!!

歓声をあげたり、「iT(イット)」を使ったダンスを披露してくれる挑戦者も。
でも、ギネス世界記録に認定されたかどうかは、まだわかりません。
盛り上がる挑戦者たちをよそに公式認定員たちは、すぐさまジャッジに入ります。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

気になる結果は・・・!?

無事、
Largest gathering of people using vacuumcleaners simultaneously ( single venue ) 同時に掃除機を使った最多人数(単一会場)
で、ギネス世界記録に認定されました!!

出典筆者撮影

チャレンジ中に掃除機を床面から離してしまったなどして若干の失格者は出てしまったものの、292人がルールに則ってチャレンジをクリアしたとして、ギネス世界記録公式認定員のジャスティン・パターソンさんから、主催者に公式認定証が授与されました!

出典筆者撮影

挑戦者のみなさんも、公式認定証と「iT(イット)」とともに、あふれるほどの笑顔!
ごみゼロの日、掃除機の日にふさわしいイベントとなりました。

ギネス世界記録達成を実現できた秘密は・・・

今回のチャレンジでは、たくさんの人が一斉に狭いスペースで掃除機をかけたにも関わらず、ほとんどの挑戦者がぶつかったり、コースアウトしたり、掃除機を床面から浮かせてしまうことなく、チャレンジをクリアすることができました。

それは、今回の挑戦に使われたコードレススティック掃除機「iT(イット)」が、スリム&コンパクトなデザインと軽さで、自由自在に扱えるから。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

「iT(イット)」は、手首をくるっとひねるだけで、ノズルを「T字型 ⇒ I字型」「I字型 ⇒ T字型」と変えることができるから、フローリングやじゅうたんの掃除はもちろん、ノズルを変えることなく、I字型に変形することで狭いすき間まで掃除することができるのです。

とってもスリムだけど、シャッターが開いて壁際のごみまでしっかり吸い出してくれるパワフルさも兼ね備えているそう。

実は、ふたつめのギネス世界記録

実は、東京スカイツリーでギネス世界記録が生まれたのは2回目。
高さ634mというスペックで、2011年11月17日にギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーとして認定されているのです。

これからも、新しいギネス世界記録が生まれるのでしょうか。
東京スカイツリーの今後も、「iT(イット)」の発売も楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

noir このユーザーの他の記事を見る

「人、もの、コト」の魅力を探り、伝えることを目的として、マーケティング会社に勤務する傍ら、フリーライターとして様々なメディアで執筆活動を行う。
長年に渡る販売業の経験で培った、人の心を動かす視覚的・感情的アプローチや切り口の提案を得意とし、各メディアに記事やコラムを多数執筆している他、執筆に限らず、イメージ写真撮影、ツール作成、イベント運営サポートなど様々な活動を行っている。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス