先週末の5月28日(土)、都内の二子玉川ライズで「心地よい暮らしフェスタ」が開催されました!「心地よい暮らしフェスタ」とは、40代・50代のライフスタイルマガジン「大人のおしゃれ手帖」と、ふわっとやさしい暮らし&おしゃれを提案する雑誌「リンネル」が初めて合同で行ったイベント。ファッションやビューティーに関するトークショーのほか、話題の味が楽しめる出張販売や、有名イラストレーターによる似顔絵コーナーなど、多彩な催しが用意されました。

イベント当日はニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」記者も会場に潜入。ライフスタイルにこだわる“暮らし系”女子が集まったイベントの概要をお伝えします!

イベント会場となったのは、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅に直結した複合施設、二子玉川ライズ ガレリア。駅の改札口を背に右方向へ進むと、すぐそこが会場です。
「大人のおしゃれ手帖」と「リンネル」、最新号のポスターの横を通り過ぎると、出迎えてくれたのは“おいしいものマルシェ”。

トラック荷台部分では、業界人を中心に人気のケータリング弁当店「チオベン」のお弁当を販売。パン好きが注目する「cimai(シマイ)」や「cocco(コッコ)」、「テコナ ベーグルワークス」などのパン、その他、編集部が厳選した焼き菓子や瓶詰め商品なども並びます。
話題の味を求めるお客さんで、こちらには販売開始時刻の12時前から長蛇の列が。

数々のおいしいものに後ろ髪を引かれつつ、ガレリア内をさらに奥へと進むと、雑誌「リンネル」公式通販「kuraline」のブースを発見!

料理家のワタナベマキさんと「リンネル」がコラボレーションした限定品、「ワタナベマキ×リンネル by fog linen work/リネンワッフルエプロン」をはじめ、リンネル公式通販「kuraline」で取り扱っているアイテムを陳列。手に取って、じっくり眺めて検討することができます。
個人的に気になっていた「アルデバラン」の「シルク布ナプキン・スタートセット」もありました!

さらに進むと「大人のおしゃれ手帖」編集部と「リンネル」編集部によるワークショップ、「似顔絵とお花のマーケット」が登場。ブースでは人気イラストレーターの2人が似顔絵をドローイング。

女性誌などで活躍するイラストレーターの山﨑美帆さんが描いてくれるのは猫似顔絵。猫化した似顔絵を仕上げてもらい、参加者さんも大満足。

「リンネル」誌上でマンガ「マムアンとララちゃん」を連載中のウィスット・ポンニミットさん、通称タムくんも参加。素早いスピードで“たむのにがおえ”を仕上げていました。

さらに会場ではスタンプラリーも実施。協賛ブースを回りながらスタンプを集めると、素敵な景品が当たる抽選会に参加できます。毎日の暮らしをちょっぴり豊かにしてくれるアイテムが手に入るかもしれないとあって、こちらも大盛況。

会場奥のステージでも、ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんをはじめ、多彩なジャンルの著名人が入れ替わり立ち替わり登場!ファッションや美容のヒントになるショーが行われていました。

二子玉川といえば、たくさんのお洋服店が並ぶ街。当日は、ショッピングの途中で会場を訪れたという人も大勢いたことでしょう。
そんな人たちも足を止めて見入っていたのが、スタイリストの平澤雅佐恵さんと、レディースブランド「TABASA(タバサ)」坂本和臣様、西山千香子編集長によるステージ、「TABASAプレゼンツ 初夏のおしゃれコーディネートレッスン」。
テキスタイルや色、素材にこだわった「TABASA」の2016年春夏コレクションを用いて、これからの季節にオススメのコーディネートを指南してもらえるというコーナーです。
ショーでは新しいスタイルに挑戦したい人を観客から募り、その場で着替えて変身してもらうことに。

黒っぽいセットアップで訪れていた女性も、今シーズンの「TABASA」のテーマである花柄のAラインワンピースにお召し替え。白いパンツを重ねてアクティブさもプラスした、夏らしいコーディネートです。

また平澤雅佐恵さんによるストールの巻き方レッスンも行われました。ちょっぴり小柄な女性には、あらかじめストールをねじってボリュームダウンしてから巻く方法をアドバイス。こうすると、お顔が引き立ちますね。

ステージの冒頭で「TABASA」のウェアについて“サイズがゆったりめのものが多く、きれいな空気をまとうように着られる”ところが魅力だと語っていた平澤雅佐恵さん。イベントで「TABASA」のアイテムに身を包んだ皆さんも、華やかな自分に出会えて感激していた様子でした。

別の時間帯には、ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんが出演した「感じのいい女性を作るビューティートークショー」も開催。

メーキャップの役目とは、加齢によって次第に失われていく顔色のメリハリを取り戻すことだと説く山本浩未さん。あか抜けるメイクをするためには、まずは自分の顔の系統を把握することが必要。
そこで山本さんが教えてくれたのは、4種類の分類方法。自分の顔の特徴を認識したうえで、自分が持っていない要素をメイクで足すという考え方を伝授してくれました。

その後、ステージ上にモデルを招いてメイクを実演。クリームシャドウやカラーアイライナーといった、いま注目のメイクアイテムを紹介しながら、この夏にオススメのメイクを完成させました。

メイク完成後、鏡で自分の顔を見て、あまりの変貌っぷりに驚くモデルさん。
そこで更に山本さんからアドバイスが。「メイク後は“木を見て森を見る”という意識が重要。他人からの目線を意識して、手鏡を腕一本分のばした場所に置いてチェックすることも忘れないで。」
トークに聞き入る会場の皆さんも“メーキャップは毎朝自分でかけられる小さな魔法”だという山本さんの言葉を実感していたようです。

ムーミントロールとスナフキン、ちびのミイといったムーミン谷の仲間たちが登場した写真撮影会も大人気!3人との写真撮影ができる時間帯には、毎回、順番待ちの人たちの行列ができていました。皆さん、思い出に残る1枚が撮れたことでしょう。

その他にも近澤愛沙さんによる「世界一痛い足裏マッサージ」の実演や、協賛ブースでのサンプリング、無料ワークショップなど、さまざまな体験が楽しめた「心地よい暮らしフェスタ」。イベント参加当日からの生活を、もっと素敵にしてくれるヒントが発見できたのではないでしょうか?

雑誌「大人のおしゃれ手帖」と「リンネル」では、今後もいろいろな取り組みに挑戦していきます。どうぞお楽しみに!

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス