出典 https://www.facebook.com

沖縄のうるま市で在日米軍に所属する男性が女性会社員の死体遺棄容疑で逮捕された事件。女性の遺族・知人は当然、怒り、悲しみ、絶望を感じ、また多くの県民そして日本国民から怒りの声が上がっています。

この事件を受け5月28日、米軍関係者らが、沖縄の人々の悲しみに共感する思いを訴え「報道されない謝罪」と話題になっています。

出典 https://www.facebook.com

繰り返される、沖縄のアメリカ軍関係者による事件に対し基地の撤廃を求める声がニュースになり日本中を駆け巡ります。そんな中、炎天下の沖縄、国道58号線に立つアメリカの人々の姿がSNSに投稿されました。

Twitterユーザーのhajiuson2016さんが目撃した光景。これは同県北中城村(きたなかぐすくそん)の教会「ネイバーフットチャーチ教会」が今回の事件で沖縄の人々と同じ気持ちでいること、共感する想いを伝えたいと主催したデモ。信徒以外の米軍人・軍属も加わり、約100人がプラカードを手に車が通る度、頭を下げていました。

出典 https://www.facebook.com

手を繫ぎ冥福と平和を祈り…

出典 https://www.facebook.com

「沖縄と共に悲しんでいます」「沖縄のために祈る」が書かれたプラカード

出典 https://www.facebook.com

大人も老人も、小さな子ども達までも炎天下の中、車が通る度に頭を下げ続けたそうです。

アメリカには頭を下げるという習慣がないと聞いています。訴訟社会のアメリカでは滅多なことで謝罪もしないはずです。けれど今回の事件に想う気持ちをどう日本人に伝えれば分かってもらえるのか。彼らの出した答えは、この光景でした。

この姿を見てネット上では「胸が痛む」「いい人もたくさんいる」との声や「いい人がたくさんいたら事件はおきない」「いい人がたくさんいるから沖縄は我慢しなければならなのか」などの賛否両論の声が上がっています。

アメリカの軍属によって許すことのできない残酷な事件が起きたのは事実です。ですが、犯罪を犯した人間はごく一部のアメリカの人間。日本人と同じように事件に胸を痛め、人間として哀しみを覚え同じ気持ちでいることを訴えている人々の姿があることもまた事実です

なぜ報道しない?との声も…

そして、この行為を報道しなマスコミに不審な気持ちを募らせている人々がSNSで拡散を始めました。

たった一人の犯罪者が起こした事件により、多くの日本人が怒り、悲しみ、同じように沖縄に暮らすアメリカの人々も傷つき、申し訳ない気持ちになるのでしょう。この心が苦しくなるような、胸を締め付けられるような光景。なぜ、報道しないとの声も多数上がっています。

許されることのない事件、多くの怒りの声が噴出している沖縄、そして、この事件を受け心から哀しみ、沖縄の人々と同じ気持ちで嘆き悲しんでいるアメリカの人々

現在、アメリカ軍は、日米地位協定の対象となるすべての軍属・家族に対して、外出や飲酒などを制限する命令を出しました。外出した際は午前0時まで基地へ戻る事、アルコール購入禁止、パーティー禁止、基地に暮らす軍人は基地の外での宿泊禁止など命じられています。

この日の沖縄の温度は30℃。炎天下の中、大人から幼い子どもまで心からの謝罪、ただひたすら頭を下げ続けるアメリカの人々。
この光景を見て皆さんは当たり前だと思いますか?
胸が痛くなりますか?
一体、何を感じ何を思いますか?

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら