保田圭さん夫妻が、2013年の結婚から3周年の革婚式を迎え、お祝いをされたことをブログで紹介されました。

今日は結婚記念日
ってことで…
昨夜、主人がお仕事から帰ってから
深夜にお祝いの乾杯しました

イタリア料理研究家の小崎陽一さんを夫に持つ保田さん。ご自身もタレント活動をされているので、お互いに忙しい生活を送っていることでしょうが、忙しい中でも結婚記念日のお祝いを大切にしており、深夜に乾杯されたようです。仲睦まじい姿にほっこりとした気持ちになれますね。

小崎さんもブログに綴られています。

昨夜は、仕事から帰り自宅で、妻と結婚記念日のお祝いをしました~❗️
シャンパーニュは、『ボランジェ』

記念日にふさわしいお洒落なシャンパンでお祝いされたお2人。4年目も幸せに溢れた生活になることでしょうね。お互いを大切にしているお2人が素敵です!

結婚3周年は革婚式

結婚3年目の結婚記念日は
革婚式というそうで…


革婚式にちなんで
革製品を主人に
プレゼントしました


革は丈夫で粘り強いので
『夫婦の絆を強いものにする』
という意味合いが
あるのだそうですよ

お洒落な革製品のプレゼントは、ルイヴィトンのカードケース。デザインが可愛らしくて、旦那さんを想って好まれそうなプレゼントを探したのでしょうね。すぐにPASMOを忘れてしまうという旦那さんには嬉しいプレゼントだったことでしょう。

革婚式とは?

結婚記念日の中の一つ、革婚式とは結婚何年目のことを指すのでしょう?3年目の結婚記念日のことを革婚式といいます。結婚して3年ぐらい経つと、毎日の生活もマンネリ化してきて、そろそろ倦怠期かなぁ~なんて思うようになります。革婚式はそんな時期に迎えるもの…。革は丈夫で粘り強い性質をもっていることから、夫婦の絆をしっかり結んで、革のように粘り強く生活していこう…という願いが込められています。この革婚式には、バッグやベルトなどの皮革製品をプレゼントしあうといいでしょう。

出典 http://www.leatherseikatsu.com

革製品をプレゼントし合うことで、マンネリ化した倦怠期を乗り越えることが出来ると言われておりますので、4年目に向けてもっと粘り強い夫婦になっていくことが期待されますね。

結婚指輪を無くしてしまうアクシデントも・・・

紛失してしまった主人の結婚指輪…


新しい物をペアで買うか
同じ物を主人の分だけ買い足すか
悩んだけど


結局………



同じ指輪を主人の分だけ
買い足しました


失くしたものと同じ様に
内側に刻印もして頂きましたよ

やっと…
結婚指輪
復活


良かった良かった


明日は結婚記念日なので
それまでに指輪が
手元に届いて良かったな


結婚指輪
もう無くなりませんように…

4年目を迎えた結婚生活の中で、結婚指輪を無くしてしまったという小崎さんですが、購入して結婚3周年には、夫婦揃って再び指輪をつけることが出来たようです。つけ外しをしていると、紛失してしまうこともあるのでしょうが、記念日に間に合ってよかったですね!

結婚記念日のお祝い料理も素敵!

鶏もも肉のグリルにアスパラのソテー!
アスパラに、目玉焼きをのせて❗️
ボイルソーセージ!

小崎さんお手製の記念日メニューがとってもお洒落で美味しそう!さすがイタリア料理研究家ですね。保田圭さんや小崎さんのブログを見ていると、美味しそうな食事が並んだ食卓もとっても魅力的なので、自宅でこんなに美味しそうな食事をすることが出来るとは、羨ましいですね。

2周年のプレゼントは・・

2周年の結婚記念日は
綿婚式と言うんだそうです

綿婚式なので
綿製品



主人は靴が大好きなので…



主人の好きな靴屋さんの
コットンの靴下と
靴ベラをプレゼントしました♡

毎年その年のイベントを意識してプレゼントをされている保田さんが愛情たっぷりで素敵ですね!4年目、5年目と更に素敵なおしどり夫婦になっていくことでしょう。

結婚記念日の名称

1年目 紙婚式 白紙のような二人の将来の幸せを願う
2年目 わら婚 式質素倹約を意味し、贅沢を戒める
3年目 革婚式 そろそろ倦怠期の時期だけど、革のように粘り強く
4年目 花婚式 花が咲き、実がなる
5年目 木婚式 夫婦がやっと一本の木のように一体となる
6年目 鉄婚式 鉄のように強い絆の人生を願う
7年目 銅婚式 家族、財産の安定を銅に例えて
8年目 ゴム婚式 2人の生活に弾力性があるように
9年目 陶器婚式 陶器を大切に扱い、ヒビが入らないように
10年目 すず婚式 すず(錫)のように美しさと柔らかさを兼ね備えて
11年目 鋼鉄婚式 鋼のように強い愛の力で結ばれる
12年目 絹婚式 絹のようなきめ細やかな二人の愛情
13年目 レース婚式 さらに深く美しい彩りを示す愛の証
14年目 象牙婚式 象牙のように年齢を重ねて輝くように
15年目 水晶婚式 透明で曇りのない水晶のような信頼
20年目 磁器婚式 磁器のように年代と共に値打ちが増す
25年目 銀婚式 結婚生活の一区切り、いぶし銀の美しさ
30年目 真珠婚式 富と健康をあらわす海の宝石に例えて
35年目 珊瑚婚式 長い年月を経て成長する珊瑚に例えて
40年目 ルビー婚式 深赤色のような二人の深い信頼と誠意
45年目 サファイア婚式 誠実で徳が高く、人々に慕われた二人の結婚生活
50年目 金婚式 金色の輝きを得たという豊かさを象徴する
55年目 エメラルド婚 深く静かで尊い夫婦の生活
60年目 ダイヤモンド婚 長寿と一族の繁栄を意味する

出典 http://www.namaeuta.com

15年目までは毎年名称があるようです。知らなかったという方も、記念日に合わせてパートナーへサプライズプレゼントを贈ると喜ばれることでしょう。いつまでも仲睦まじい夫婦でいられるためにも、相手を想う気持ちを伝える事も大切なのではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら