水から上がった後でも溺死することがある

これからの季節、だんだん暑さが厳しくなってくると、子供たちはプールなどで水遊びをする機会も増えてくると思います。水遊びをしている最中は、大人たちも子供が溺れないようにと十分に気をつけているのですが、水から上がった後も子供は「溺死」する危険性を秘めているということをご存知ですか?ベッドや家の床、ソファーなど、水のないところでも起きてしまうのが、『乾燥溺死』なのです。

乾燥溺死の事例

2013年6月。

アメリカに住む10歳の少年が母親とプールに遊びに行きました。その後、元気に歩いて帰宅。帰宅後、彼は「眠い」と言ってお昼寝をしたそうです。

ところが、1時間後に母親がベッドルームをのぞくと、ベッドの上で彼は顔中泡だらけになって亡くなっていたそうです。この少年の死因は「溺死」。

これが、「乾性溺水」の事例です。アメリカだけではなく実際に日本でも起こりうる事故だといわれています。

出典 http://mamari.jp

mamariより

乾燥溺死とは

通常の溺死は肺に水が入り、呼吸ができなくなることで起こります。しかし、乾燥溺死では肺には水は入っていません。水遊び中に飲み込んだ少量の水が引き金となって咽頭痙攣を起こし、結果時間をおいて呼吸困難となるのが、乾燥溺死の症状です。これは、肺に水を入れないように身体が反応することによって、喉を塞いでしまうことが原因となっているようです。たったスプーン1杯の水でも咽頭痙攣を起こすことがあるため、水にもぐるプールだけではなく、水遊びであればどんな状況下でも発生しうる事故になります。また、乾燥溺死は水遊びの後に過度の眠気をもよおすといわれています。さらに、呼吸困難や過敏性、痙攣等の症状が見られる場合もあります。

出典 https://conobie.jp

Conobieより

実は、溺死の1~2%は乾燥溺死だと言われているのです。


大人が注意することで防げて、早めの措置で助かる乾燥溺死

一般的に小さい子供が水の中で泳ぐと陸上での活動に比べ体力の消耗が激しく、強い眠気を感じることがあります。 通常通りならば休息を取れば十分疲労回復できる程度の疲れなのですが、「乾性溺水」の疑いがある場合、普段よりも著しく疲労を感じたり、寝ている間に異常が見られると言われています。
呼吸困難痙攣白い泡を吹くこのような症状が現れた場合乾性溺水の疑いがありますので、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。 寝ている間に起こる症状であり子供は自分で気づくことができないため、プールや水遊びの後は周囲の大人が子供の様子を逐次確認するようにしましょう。 乾性溺水は早めの措置でほとんどの場合助かると言われています。

出典 http://mamari.jp

mamariより

乾燥溺死は水遊びだけでなく、入浴などでも起きる可能性があります。

子供の水遊び後のお昼寝は要注意

水遊びの後は、幼い子供は疲れてよくお昼寝をしますよね。

けれども、そのお昼寝で乾燥溺死が起きてしまう可能性があるということを親たちが知っていることがとても大切なのです。水遊びの後に子供が寝た場合は、けして注意を怠らないことです。

幼い子供を水遊びさせている最中は、危険なので親たちもけして目を離せないので、一緒についていることになります。そのため親も疲れてしまいがちで、つい子供から目を離して休息をとってしまいがちです。でも、その油断が取り返しがつかないことになってしまうのです。

では、どうすればいいの?

乾燥溺死の前兆としては、いくつか症状があります。
遊んだ後に過度の眠気、過敏性、呼吸困難などがあるようです。
もしも、これに当てはまるような症状がみられるのであれば、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

症状が出始めてから、無呼吸状態が10分くらい続きます。
この間に処置を行えば、90%近くが助かるといわれています。

もしもプールなどで遊んできて、疲れて眠気がありそうなときは、目の届く範囲で様子を見るのがいいでしょう。
何かあってもすぐに気づける距離にいることが大切です。

出典 http://karadanote.jp

カラダノート

知識として知っておくことにする

本当に子供にはいろんなことが起きてしまいますね。子育ては一瞬の油断もできないということなのでしょうか?そう思ってしまうと、親にとってまた別の意味で危険になってしまいますので、こういうこともあるんだということを知っておくだけでもずいぶん違うんだという程度でとどめておくことも大切なのかもしれません。

参考資料

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス