オバマ大統領が広島を訪問し演説した件について


広島に原爆が投下されてから71年目にして、歴代アメリカ大統領のなかでは初めてオバマ大統領が広島を訪問し、原爆資料館を視察した後 原爆犠牲者に献花を行い、核爆弾の悲惨さや核軍縮について演説したことはまさに歴史的で全世界的な重大ニュースだということは間違いない。

大切なのは世界平和

しかしメディアでも何度も取り上げられている内容においても、日本人にとってのオバマ氏の演説内容の興味の中心は、原爆投下に対する謝罪の有無のような雰囲気がある。

だがオバマ氏が核軍縮を推し進めたいという、全世界を平和にしたいと願う意志の元に演説することは素晴らしいが、日本に対して謝罪の言葉を表明する必要も無いし、日本人がそれをオバマ大統領に求めるのは完全に筋違いである。

戦争を引き起こしたのは紛れもなく日本

なぜならそれは、決して忘れてはならない事実として、第二次世界大戦の引き金を引いた全ての諸悪の根源であり元凶は、あくまでもハワイの真珠湾に先制攻撃を行った日本に責任があるということは絶対にぬぐい隠すことはできない歴史の真実だからだ。

当時の日本という軍事大国は、全ての日本国民を無理矢理戦争に巻き込んで、自国のことを自ら『 大日本帝国 』などとほざいて 散々近隣諸国を我侭一杯に侵略し、日本の一方的な都合により植民地として支配し、ありとあらゆる残虐な行為を行い、何の罪もない他国の一般人をさんざん殺戮したのは当時の軍事大国の日本の軍部と政治家達だということは紛れもない歴史上の事実である。

自分は散々他国を侵略しておいて

我々日本の戦時中の軍人や国の上層部供は、中国とロシアの国境の広大な土地に、勝手に『 満州国 』などとふざけた名前の国を作り、朝鮮半島やサハリン( 樺太 )の南半分までも侵略して 中国人や朝鮮人を虐待し尽くし、台湾はもちろん 南方のサイパンやグアム、フィリピンのミンダナオ島の山奥や スマトラやボルネオのジャングルの奥深くまで散々侵略していたのだ。

その侵略して植民地支配していた国の人達の女性や子供を辱め、男性を奴隷のようにこき使い、逆らえばいとも簡単に殺戮して、まるで現代の『 イスラム国 』の暴挙にも勝るほどの非道の限りを尽くしてきた過去の忌まわしい日本の国の歴史を消し去ることなど決してできはしない。

人に謝罪を求める前に

日本人として、アメリカに原爆を投下されてしまったことは、確かにとても悲惨で残念なことだ。

だが、その原因を作って極めて重大な過ちを犯したのは日本だということは、絶対に忘れてはならないし、日本の都合のいいように歴史を湾曲して解釈してはならない。

そして、アメリカに謝罪を求める遥か以前に、深く反省して諸外国に対して謝罪しなければならない国は、日本自身だということも肝に銘じておくべき絶対的な事柄であるということも決して忘れてはならない。

この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら