先日、岐阜市にある読み方の難しい地名を探しましたが、
その際に、由来が知りたくなるような面白い地名も見つけました。

?あなたはいくつ読める?難読地名in岐阜県岐阜市編

出典 http://next.spotlight-media.jp

■雨踊町(あまおどりちょう)
きっと、雨が降らずに困った農民たちが盛大に
雨ごいの踊りを舞ったに違いありません。

■学園町(がくえんちょう)
学園があるんだろうな、とそのままの町名です。
実際に私はこの地にある高校に通っていましたが、
私が通っていた高校の他に、高校がもうひとつ、
中学校、養護学校が一列に並んでいました。
※現在は統廃合によりこの地域近辺の学校は
変更になっています。

■太郎丸(たろうまる)
■又丸(またまる)
ラグビーの五郎丸選手の名前が一躍有名に
なりましたが、ちょっと似ています。
ちなみに、愛知県の犬山あたりには、
五郎丸という地名が実際にあるようですよ。

歴史を感じる地名

■加納鷹匠町(かのうたかしょうまち)
■加納鉄砲町(かのうてっぽうちょう)
■加納長刀堀(かのうなぎなたぼり)
■加納御車町(かのうみくるまちょう)
岐阜駅の南側にある地域で、かつて加納城があった地域です。
岐阜城からも比較的近い地域なのですが、
このお城に使える様々な武芸者や役職の人たちが
居を構えていたのでしょうね。

■材木町(ざいもくちょう)
■大工町(だいくちょう)
岐阜城下の長良川沿いにある地名です。
長良川を利用した運輸が盛んだったようで、
上流で切り出した材木を長良川で流していたそうです。
そのため、材木屋が立ち並び、そのそばには大工さんが
たくさん住んでいたのでしょうね。

■水風呂谷(みずぶろだに)
水風呂があったんでしょうか。
岐阜城がそびえる金華山にある地名ですから、
戦国に活躍した武将たちが、
この地の水で汗や汚れを落として
ひと休みしたのかもしれません。

■手力町(てぢからちょう)
手力雄神社というものがあるのですが、
この神社がある地域は手力町ではありませんが、
きっと関係があるのでしょう。
天手力男神(あまのたじからおしん)が祭られています。
天照大神が天岩戸に隠れたときに、
岩をグイグイひっぱってこじ開けた力持ちの神様ですね。
ちなみに、ミスターマリック氏は岐阜出身です。
彼の代名詞は「ハンドパワー」・・・つまり「手力」なんですよ。

■水海道(みずかいどう)
海のない岐阜県なのに、海が地ています。
海に届く水が流れている道・・・っていう意味でしょうか?
いや、それにしてもざっくりしてますよね。
はじめて見たとき、北海道かと思ってしまいました。


さて、いかがでしたか。
実際に調べにいくと、もっと面白いことがあるかもしれませんが、地名を見ただけでも、どんどん想像力が膨らんで楽しいですよね。

この記事を書いたユーザー

悠木まこと このユーザーの他の記事を見る

岐阜県在住のフリーランスライター。独り仕事を満喫中。
http://dibre.net/

得意ジャンル
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら