歩きタバコをしている人をよく見かける。
その人間の中には、通勤してる時に会社へ行く途中に吸ってる会社員が多くいるようだ。

もちろん、周りにいる人たちは会社員がタバコを吸ってることに気づいている。
どこの会社の人かわかれば、会社に直接クレームが来ることになる。
私も、通勤途中に歩きタバコをしている人を見てその人が会社に入っていくのを見て、会社の受付まで行ったことがある。

そういうことは色んなところで起きているらしく、お客様が会社にタバコのマナーが悪いと意見することも起きている。
会社は喫煙者に注意を促しているが効き目はあるのか怪しいところである。

そこで、私は1つ思いついた。
会社が社員の指導として禁煙活動をするのはどうだろうか。


では、具体的には何をしたらいいのか。
これは思いつきだが、例えば、
◎禁煙外来の情報を集め、外来を受けやすい体制を作る
◎禁煙グッズの支給
◎禁煙への理解を深めるために、喫煙による害や周りへの影響などを学ぶ機会を作る
◎身だしなみとしての喫煙との付き合い方(においをとってから喫煙室から出る、喫煙直後にお客様の前に立つなど)を見直し社内ルールにする

歩きタバコや喫煙場所以外での喫煙は、周辺住民や他の通行人に迷惑となり、その中にはお客様もいる。

迷惑タバコは会社にとってマイナスイメージでしかない。
だからこそ、会社で取り組む課題となり得るのではないだろうか。


この記事を書いたユーザー

Hatumi物語 このユーザーの他の記事を見る

Hatumi(はつみ)物語と申します(^-^)
ふと世の中のために何かしてみようと思い立ち、世の中について考え、世の中を良くしていけるような何かを創造したいと思います。
面白くて分かりやすく新しい発見ができるような記事を作っていきたいです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス