気になりますよね。
男女の友情。

私は成立する派と思っていますが、ウィスコンシン大学の心理学者ブレスク・レチェック氏によるとこんな見解。


「男女の友情は成立する。しかし、男性側の方が異性に対しての性的感情を抱いている事が分かった。」


女性の場合はきちんと線引きをしていて、友達は友達!とみている人が多いんだとか。それに比べて男性は 【あわよくば】の心理が働くのでしょう。なので、心に密かに想っていたりする事が男性側の方が多いのだとか。

特別なイベントの日に女性は友達だからと付き合ってくれたが、女性側はあくまで友達としての感情しかなかったのに対して、男性側はもしかしたらイケるかも!?と勘違いし、告白をしたらフラれた・・・。なんて話もあります。
この話でも分かるように、男性の中では友達であろうと、女性は女性なのです。一方女性はきちんと区別しており、【友達】と思ってしまえば友達区分入るので、男性であっても恋愛感情になるケースは男性比べて低いのです。

ですが、女性はずるい生き物で、彼氏がいない時の寂しさや、別れた時の悲しさを埋める時は女友達では不十分な時があると思います。そんな時は男友達に頼って甘えを見せてしまうもの。そんな甘えに男性はきっと勘違いをしてしまうケースもあるのではないでしょうか?
だけど、女性側は友達は友達なんて・・・。男性にとってちょっと酷ですよね><

男性も女性も友達だと思っている、は自分の方だけかもしれません。
相手はそうは思っていないかもしれません!
そこが男女の友情を成立させる為に知っておかなくてはいけないライン。

友情と愛情は紙一重。
一緒にいて楽しい、楽、なんでも話せる、辛いときは思い浮かぶ時には友情から愛情に変わりやすいでしょうし、仲良かった異性の友達に恋愛相談をされた時や、大切な彼氏・彼女が出来た時に、嫉妬したり、違う感情が芽生えたらそれは友情ではなくなります。SEXフレンドになる、これも友情ではありません。

男女の友情が成立する為には自分の中での線引きが必要です。
・相手を異性として見ない。
・特別な人がいる時はその存在をきちんと両者に明かす。
・性的感情がない。

異性は異性、いつどんな時に恋心が、下心が芽生えるかなんて分かりませんが、男女の友情が成立すると思っている方は是非一度、異性の友達について考え直してみてください☆


追伸
世間にはどれくらいの割合でアリ・ナシで別れているのでしょう?
アリ派はいいね!を、ナシ派はシェアを。ぜひやってみて下さい。

この記事を書いたユーザー

sorasuke このユーザーの他の記事を見る

ファッション・恋愛感、その他もろもろ
好きな事ばっかりをゆるりと♪

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • カルチャー
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら