その昔、18世紀に「フランス革命」というのが起こりました。世界の歴史にも代表されるこの市民革命は「人間の自由と平等、人民主権、言論の自由」という啓蒙思想により生まれたもので、それ以降フランスは、歴史には残らなくてもいろんな意味で社会での「革命」を続けている国といっていいでしょう。

というのも、フランスは日本と比べて社会福祉制度がとても充実している国なのです。欧州では社会福祉に力を入れている国は他にもありますが、フランスもその一つというわけです。

イギリス同様、フランスも消費税が20%と高いのですが、その一方でこの税金で賄われる制度が充実していると社会で生きやすくなるというのが現状。つまり、国から出産・子育て(教育)の支援体制がかなり充実してくるので、シングルマザーでも働きながら子育てしやすい社会になっているのです。

そしてもちろん、子供がいるいないに関わらず高齢者、老後、医療への福祉も充実しているフランス。高額な消費税を取る分、消費者に違う形で十分保障がされれば消費税が高くても価値あるものになるのではないでしょうか。

現在、日本ではこうしたフランス型制度を取り入れようとする試みが表面下ではあるそうです。ただ、この戦略は高齢者から若者まで全ての年齢層の社会福祉を考慮しなければいけないために、消費税が10%ではとても無理な話だとも言われています。

ただ、物価や消費税が上がることは苦しくても、将来の保障がより認められる社会になることを考えれば、日本も欧州のような制度を積極的に取り入れることが必要だと思う人も多いようです。

特に日本の女性からすれば憧れともいえるフランスの社会福祉制度。「女性の味方」ともいえる制度は、ある新法律により男女共に新たに嬉しい悲鳴をあげそうです。というのも、このほど成立した新法案は「週末に仕事のメールをチェックすることを禁ずる」というもの。なんて嬉しい法律ではないでしょうか。

「KAROSHI(過労死)」を生み出した日本

Licensed by gettyimages ®

今や「KAROSHI」という言葉は固有名詞となり、欧米では辞書にも記載されています。日本が生み出した悲しき労働状況。人権を無視した労働により引き起こされる健康被害。今や世界中がオンラインの普及に伴って、週末「ちょっとメールのチェックを…」と習慣付いている人も少なくありません。

でも、このオンラインによる勤務時間以外の仕事は健康被害をもたらすとフランス政府は深刻に受け止めたのです。仕事によるストレスが与える影響は半端なく、職場を離れても仕事のことが頭から離れない人が数多く存在します。

「寝る前にちょっとだけ」そして週末さえも仕事関係のメールをチェックするという状況で暮らす私たちを懸念して、このほどベノ・ハモン文部大臣が指示した法案が起用されることになったのです。

「つがらない権利」の主張

Licensed by gettyimages ®

「電波が発達しているために常にメールや電話に追われて、私たちの生活はそれに支配されているといってもいい」とベノ・ハモン文部大臣はBBC(イギリス国営放送局)でもコメント。

フランスでは、実際に10人に1人が過度の労働をしていると調査で判明。仕事に燃え尽きてしまうと結局は「KAROSHI」を招いてしまうことになり、それだけは避けたいという積極的な動きがフランスでのこのような革命に繋がったのでしょう。

87%の人が職場以外で仕事のメールをチェック

Licensed by gettyimages ®

ソフトウェアカンパニー「Adobe」の調査によると、まさに「ワーカホリック」という言葉が浮き彫りになるほどの数値が。87%の人が職場以外でも仕事のメールをチェックしていることが判明したのです。更にはホリデー先でも50%の人がわざわざメールをチェック。

「つながらない権利」を主張するこのフランスの新法案は、私たちにとっては少しでも労働のストレスを軽減させるという意味で良案には違いありません。でもこの革新的な法律を起用するかどうかというのは、現段階では企業次第。そして法律に沿わなくても罰せられることはないそうです。

更には、最近新しく提唱された労働改正法案では「残業手当の軽減」など必ずしも労働者にとってプラスとなることばかりではなさそうなだけに、一部では反対のデモも行われているとか。

この新法律は「KAROSHI」を防ぐか⁉

Licensed by gettyimages ®

労働法改正案に関しては賛否両論があるものの、少なくともこの「週末メール禁止法」は過度のオンライン社会で生きる私たちへのストレス軽減となり、フランスだけでなく世界で注目を浴びることとなりそうです。

日本人が憧れるフランスの社会福祉制度。このような法案も日本で成立されればまさに新革命となるところでしょうが、世界から見て「働き蜂の国」日本ではこうした革命はまだまだ先のようです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス