スマトラ島で発生した14歳の少女集団レイプ殺害事件

インドネシアのスマトラ島で2016年4月2日、帰宅途中の14歳の少女が14名の少年を含む集団に襲われて、集団レイプされたあげくに殺害されるという卑劣極まりない事件が発生した。

村人によって少女の遺体が発見されるまで、殺害されて数日間、裸で縛られたままで放置されていた。

この事件での容疑者の多数は既に逮捕され、少年たちには少年法で適用される最大の刑である10年の禁固刑が言い渡されている。逮捕された容疑者の中には14歳の少年も含まれていた。

軽すぎる刑期

インドネシアの法律では、少年に適用される刑期は最長で禁錮10年、成人のレイプ犯に課される最長の刑期は15年であった。

インドネシアでは、レイプ事件が1日に35件も起きている現実がある。

国内から抗議の声が高まり、性犯罪の厳罰化を行う方針が決定

当初は、この事件は大きく取り上げられていなかったが、インターネットなどで大きく取り上げられるとともに、国内から事件と軽い刑罰に抗議する声が挙がっていた。特に、これらの性犯罪事件の加害者が受ける刑罰が軽すぎるとして、性犯罪の厳罰化の声が国内から強くあがり多数の抗議署名も集まっていたことから、インドネシア政府も性犯罪の厳罰化を行う方針を決定した。

出典 https://portal-worlds.com

アセアン情報サイト

最高刑を『死刑』、更に『化学的去勢』も

そして、2016年5月25日、インドネシアでは子供に対する性犯罪に対して、最高刑を『死刑』とする新法が制定された。更に犯人に対して『化学的去勢』を行うことも認められた。

子供に対する急増する性暴力の急増に対処することが新法の目的

化学的去勢とは、薬物を投与して性的衝動や性行動を抑制することを指す。すでに韓国やポーランド、チェコのほか、米国やオーストラリアの一部の州で刑罰として法制化されている。また、刑期を終えて出所した後も足首に追跡用の発信器をつけさせる措置が可能になった。ジョコ大統領は具体的な数字は挙げなかったものの、子どもに対する性暴力の急増に言及。これに対処することが新法の目的だと説明した。

出典 http://www.cnn.co.jp

CNN

反対の声も

しかしながらインドネシア警察の捜査能力は未熟であるため、性犯罪における冤罪が発生する可能性も高いことからも、復元が不可能である去勢を実施する事には反対の声も挙がっている。

出典 https://portal-worlds.com

アセアン情報サイト

難しい問題

子供に対する性犯罪の罪を重くすることは、子供を守るためにも必要だと感じますが、もしも、冤罪の場合、『死刑』や『去勢刑』は取り返しのつかない刑であることは確かです。これは、非常に難しい問題です。新法は制定されましたが、それが実際行われるかどうかは現在のインドネシアの捜査能力では疑問が残ります。

しかしながら、『化学的去勢』という刑が法制化されている国があるとは、驚きでした。性犯罪は病的に何度も繰り返されるため、常習者に関しては、そういう措置もありなのでしょうか。。

参考資料

日本でも反響あり ~沖縄の事件をうけて~

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら