一時期流行したけど最近あまり見かけないな…というものって多いですよね。これからは○○の時代だなんて言われながらも消えていった様々な懐かしい製品を振り返ってみましょう。

置くだけ充電

スマートフォンを中心に一時期置くだけ充電が大流行しましたよね。大体どの機種でも置くだけで充電できるというバッテリーが搭載されて、つなぐという概念が無くなり置くだけで充電できるという画期的な物でした。

ゆくゆくはその空間にいるだけで充電できるなんて言われたものですが…。今や対応している機種の方が少なくなってしまっています。あれだけ宣伝していたドコモでさえも2016年5月のモデルで置くだけ充電に対応しているのは、「Galaxy S7 edge SC-02H」のみという状況です。

ドコモショップの店員さんに聞いてみると、置き方が甘かったりすると充電できていない事があったり、アダプターに接続しての充電に比べて充電が遅いなどのデメリットの面のクレームが多く、対応しない機種が殆どになってしまいました。という事でした。

MD

カセットテープの次の音楽録音メディアとして、普及したのがこのMDですよね。持っていたという人も多いのではないでしょうか?

MDは1993年にソニーが販売した。CD-Rなどの記録端末の台頭やMP3プレイヤーやipodなど音楽再生端末の台頭でMDのシェア率は大きく下がってしまった結果、参入していた多くの会社が2007年以降撤退した。

ポータブル端末の生産は2007年3月にパナソニックが撤退したのを皮切りに1年間でソニー以外すべてが撤退した。そのソニーしばらくは続けていたもののも2011年8月に生産終了し撤退した。据え置き型デッキの生産も2011年に多くのメーカーが撤退し、2013年2月にソニーも終了した。現在生産されているのはティアックが生産している業務用2機種と家庭用1機種のみである。

現在でもパソコンを持たずにCDから直接できる数少ない端末として一部ユーザーから支持されており、MDのメディア自体はソニーや大創産業などが生産販売を継続している。

MDは日本国内では、かなり普及したものの海外ではほとんど普及することができず、実質国内ローカルのメディアで終わってしまったのも消えた原因と思われる

光磁気ディスク(MOディスク)

1988年に販売された光磁気ディスク(MOディスク)1971年に開発されたフロッピーディスクに比べ、かなり容量も多く、期待されたが、CDやフラッシュメモリーなどが安くで販売されるようになったため次第に姿を消してしまった

MDと少々似ている為、間違えて買ったという人も居たようである。ドライブは生産を終了しているが、ラジオ局などでは現在でも使用されており、MOディスクは国内ではソニーのみが生産販売している。

スマートメディア&コンパクトフラッシュ

デジタルカメラの記憶用メディアとして普及したスマートメディア(1995年販売)やコンパクトフラッシュ(1994年販売)。これらはSDカードが開発される前から販売されており、ちょっと古いデジカメを持っている方は今でも使っているという方もおおいのではないでしょうか?

スマートメディアは2007年に生産を終了。コンパクトフラッシュは現在でも生産販売されています。1999年に発表されたSDメモリーカードが一気に台頭し、スマートメディアやコンパクトフラッシュといったメモリーカードは淘汰されてしまった。

パソコン用ワンセグチューナー

パソコンに差すだけでパソコンでテレビが見れると販売された当時はかなり話題になったが、携帯電話でワンセグの普及やパソコン用の地デジチューナーなどの普及で最近はあまり見なくなってしまった。

現在でも生産販売されており、入手する事は可能です。

ドリームキャスト

インターネットに接続でき、オンラインで対戦できるという今では当たり前となっている最新機能をいち早く取り入れたゲーム機がこのドリームキャストであった。湯川専務という独特のキャラクター戦略で一躍有名になりかなり売れた印象があるかもしれないが、世界で1000万台
ほどで、国内での販売台数はセガサターンの半分程度の販売台数と知名度の割に売れていない…。

1998年11月27日に販売され、2001年1月に撤退を表明。知名度の割には3年持たずに消えたゲーム機であった。ちなみに現時点でセガ最後のゲーム機である。

2007年にアメリカで商標登録の更新を行った際に、後続機が出ると噂になるが、これを同社は否定し、ゲーム機開発へ戻る予定はないとしている。

パソコンのOS【LINDOWS】

当時エッジ代表取締役社長であった堀江貴文氏がこれからの時代はLINDOWSだと言ったことから話題になったOSである。マイクロソフトから訴訟を起こされ、和解し、Linspire(リンスパイア)に名前を変更した。

生産はアメリカLinspire社(旧LINDOWS社)が行い、日本では前述の堀江貴文社長率いるライブドアが2005年8月まで販売していた。

懐かしいと思った方も多いのではないでしょうか?

そういえば、そんなものあったなと懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか?個人的にはMDと置くだけ充電は割りと早い段階で買いましたが、今やどちらも使っていません。購入を考えていたのはLINDOWSドリームキャストですね…。

今となってはどちらも買っていなくてよかったなという感じですが…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス