メンタル面で安心を与えるカンガルーケア

Licensed by gettyimages ®

日本の産院の約65%が推奨しているといわれる「カンガルーケア」を耳にしたことがある人も多いでしょう。実際に出産した方で、カンガルーケアをしたという方もいるかも知れません。欧米ではこのカンガルーケアを広める団体も多く筆者もイギリスで息子を出産した際に積極的にカンガルーケアを薦められました。

筆者の場合、カンガルーケアをすると赤ちゃんが母乳をすぐ飲めるというメリット以外に、赤ちゃんの体温をあげるために、保育器よりもママと直接触れ合った方が効果が高いということもあり勧められたのです。

もともとは、低体重児のための保育器が足りなかったコロンビアで始まったカンガルーケアですが、出産後すぐに赤ちゃんをママの胸に抱かせて、直接肌を触れ合ったり、話しかけたり、授乳したりすることを言います。その姿がカンガルーの子育ての様子に似ていることから、カンガルーケアと呼ばれています。

出典 http://cocomammy.com

カンガルーケアのメリットとは?

Licensed by gettyimages ®

・肌に直接抱くことで、親としての自覚が目覚める
・産後の疲れが赤ちゃんを抱くことで癒される
・お母さんの正常細菌が赤ちゃんに移ることで、雑菌に対してバリア効果を得る事が出来る
・生まれたばかりの赤ちゃんが、お母さんの肌に密着することで、一定の体温を保てる
・お母さんのお腹にいた時の様に、安心感を与える事が出来る
・赤ちゃんが安心することで、呼吸が安定する
・母乳の出が促され、お母さんは母乳育児に積極的になれる
・赤ちゃんは抱かれることで安心し、深い眠りにつくことができる

出典 http://cocomammy.com

そして、このカンガルーケアはママと赤ちゃんだけでなくパパと赤ちゃんの絆を深めるいいチャンスにもなります。筆者の息子は感染症にかかっていたため、通常24時間以内に退院のところを6日間入院しなければならなかったのですが、その間筆者と相方とで交代でカンガルーケアをしていました。

このほど、南アフリカを拠点とする「NINO Birth」という新生児サポート団体が一枚の写真をFacebookに投稿。実はこの写真は、今からちょうど1年ほど前にデンマークのNGO団体が彼らのFacebookに投稿したもの。

1年前にも大反響を呼んだカンガルー写真を再度、推奨する目的を込めて投稿した「NINO Birth」。予想通りまたまた大反響となり2万2千件ものシェアと2万6千の「いいね!」、更には千件以上のコメントが寄せられています。

双子の弟をカンガルーケアするお兄ちゃんとパパ

出典 https://www.facebook.com

デンマークのコペンハーゲンにある病院で生まれた未熟児の双子。隣接したスウェーデンはカンガルーケア先進国として、出産後のケアに頻繁に取り入れるようにしているそう。それを見習った形で、デンマークのある家族の姿がとても心温まると大反響を呼んでいるのです。

カンガルーケアに積極的なスウェーデンでは、未熟児でも保育器に入れず「skin to skin contact(肌と肌の触れ合い)」を重要視。新しく生まれた双子の弟を抱っこするお兄ちゃんと、パパの顔があまりにも穏やかで未熟児の双子も安心して眠っている様子。

実はこの写真が撮影された時、スウェーデンからカンガルーケアを推奨しているUwe Ewald教授教授がこの病院を訪れており、こちらの家族に試みるよう勧めたことがきっかけだったそう。わずか700gの小さな赤ちゃんのカンガルーケアという革命的な試みは見事成功。赤ちゃんの呼吸が整い体温調節もでき、何より家族との強い絆が生まれました。

赤ちゃんの体重も増えやすい

Licensed by gettyimages ®

カンガルーケアをすると、様々なメリットがありますが赤ちゃんの体重が増えるのが速いということも含まれるそうです。未熟児の赤ちゃんが、カンガルーケアによりすくすく成長してくれると家族も嬉しいですよね。

生まれた瞬間から子育ては始まる

Licensed by gettyimages ®

筆者の場合は、息子が既に感染症にかかっていたため不安な気持ちももちろんありました。でも触れ合う度に息子の温かさを直接感じ安心感を与えられました。息子の方も保育器に戻すと泣き出したのですが、相方や筆者がカンガルーケアをしている時はスヤスヤ眠っていました。

子供って直感的に「安心できる場所」がわかっているのだなと悟りました。生まれた瞬間から子育てが開始し母親がたっぷりの愛情を注げば、きっと小さな小さな赤ちゃんでもそれがわかるのでしょう。

大反響となったこの写真には、ママだけでなく家族全員の深い愛情が感じられます。家族の愛をたっぷり受けたこの双子たちが、成長した時にきっとまた誰かにその愛情をお裾分けできるような優しく温かい人間に育ってくれるといいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら