心の便秘になっていませんか?

私の心の癖として、ネガティブな感情を心の奥底に抑え込み、なかったことにしようとする傾向があります。

人の心は不動の魂と、コロコロ動く感情でできています。

いやだな。やめたい。苦しい。辛い。といったようなネガティブな感情は光があれば影ができるように、必ず出てくる感情です。

でも、できるだけ元気にポジティブにいきたいと思うからこそ、本当はネガティブに感じているにもかかわらず、そんな感情は元々生まれたなかった・・と思うようにしてしますのです。

これって、よく考えてみたら、便秘と同じだな~と思いました。

1度生まれた感情は、素直に感じてあげないと、奥底に残って主張をし続けます。

ネガティブな感情をなかったことにしようとしても、奥底で、しっかりと残るのです。

なんか近頃疲れている、無理しているな~と感じたとき、私は自分の心の声をじっくり聞くようにしています。

*一生懸命やっているのに、思うような成果が出ないで辛い。
*影でたくさん努力しているけれど、誰も認めてくれない。
*もう限界を超えている。つらい。

ネガティブな感情も、あえて否定せず、あるがままの心の叫びをただアドバイスせずに「つらいよね。」「頑張っているよね。」聞いて、受け入れるようにしています。

ネガティブな感情を含め、思う存分自分の感情を聞いて、受け入れたら、不思議と、ネガティブな感情がなくなります。

不動の魂は、私の本質そのものですが、感情というのは、私そのものではありません。だから、ありのまま受け入れ、ネガティブな感情をそのまま認めてあげると、手放すことができるのです。

ネガティブな感情をもつことは悪いことではありません。自然なことです。

ネガティブな感情をもった自分自身を認め、吐き出して、時には、心の便秘を解消したいですね。

あるがままの自分を認め、許しましょう!


心の便秘予防!心がすっきりする質問

人間はすべて心で動いています。

心=感情を自分自身でコントロールできるようになったら、いろいろな悩みも解決できるように思います。

心がよりよい方向に向かう質問を紹介します。

どんな気持ちがほしい?

どんな気持ちがほしい?自分自身に「どんな気持ちがほしい?」と聞いてみてください。

「どんな気持ちがほしい?」と聞くと、たとえば次のような言葉が浮かんできます。

幸せ ワクワク うれしい 安心 あたたかい 安らか いきいき ときめき 静か 自信 充実感感謝 感激 満足 好き 愛 勇気 感動

 人は「よい気持ち」がほしいのです!

「どんな気持ちがほしい?」と聞くと、何となく心が喜ぶような感じがしませんか?

「今どんな気持ちがほしい?」と聞くことによって、自動発見装置である脳は、「ほしい気持ち」になるような見方・行動をするように指令を出します。

「どんな気持ちがほしい?」と自分自身にきいたら、「幸せな気持ちがほしい!」と答えました。

あなたは「どんな気持ちがほしいですか?」


人は見た方向・思った方向に進みます!

「どんな気持ちがほしい?」
と聞いた後、
「その気持ちになる見方は?」
と聞いてみてください。

人は焦点・視点を当てた方向に進みます。

ほしい気持ちになるために、今おかれている状況の中であるモノ、恵まれているモノをあげます。

今あるモノに焦点を当てると、「自分は何て恵まれているのだろう・・有り難い」
とすべてのモノに感謝したくなってしまいます。


私のほしい気持ちは、「幸せな気持ち」です。

「幸せに気持ちになる見方は?」と質問すると、次のようなことがあげられました。

*すばらしい家族と猫が3匹がいる。
*三食のご飯も食べることができ、寝る家もある。
*病気もせず元気に過ごせている。
*たくさんの仲間に囲まれている。
*自分が好きなことをして生活できている。
*両親も生きていて、元気に生活している。
*小学校の先生をした経験がある
*心理カウンセラーとしての経験がある
*ドイツに3年間住み、海外生活の経験がある
*PTA会長などの経験がある
*必要なお金は巡ってきている
*多くの人に支えられている
   ・
   ・
   ・
今あるモノを書き出すと、本当に私は恵まれて幸せだな~という気持ちになってきました。

ほしい気持ちを得るために何をする?

「どんな気持ちがほしい?」
を聞いた後、
「その気持ちになる行動は?」
と聞いてみてください。


たとえば、「どんな気持ちがほしい?」と聞いたときに、
「元気な気持ちがほしい」と答えたとします。

「元気な気持ちになる歩き方は?」と聞くと、
自然と背筋を伸ばし、手をしっかり振った歩き方になります。


1)どんな気持ちがほしい?
(2)その気持ちになるための見方は?
(3)その気持ちになるための行動は?
時には自然とやる気がアップ!ピンチがチャンスになる3つの質問をして見てはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

ママ先生 このユーザーの他の記事を見る

元小学校の教師で、心理カウンセラー、PTA会長経験したママ先生が、あなたの中にいる神様を起こし、あなたのオンリーワンの才能を発掘し、育成し、自分の望む人生を歩めるようにサポートします!
【Happyいくじコーディネーター 親サポート専門】ママ先生 平田由里子

誰もが自分の中にいる神様を起こし、 ブレない自分軸をもち、 ”自分らしく生きたい!””楽しく子育て・自分育てをしたい!” という人をサポートすることをライフワークにしています。

私は大学卒業後、7年間東京で小学校の教師をし、専業主婦として二人の子育てをしています。

「子育ては自分育て」です。

小学校の教師としての経験、専業主婦として2人の子どもを育てた経験、心理カウンセラーとして電話相談員をした経験、ドイツで海外生活をした経験、PTA活動の経験・・・・私は20年以上子どもの教育に携わってきました。
子どもの教育に携わってきた中で、子どもの教育をよりよくしようと思ったら、まず子どもを育てる親のサポートをする必要があると感じています。現在は、子育てセミナー・ワークショップ、カウンセリングなどを通じて、多くの親のサポートを中心に活動しています。

だれもがはじめから立派な親なんていません。子どもと一緒に成長すればいいのです。

子育てのちょっとしたコツを知っていたら、誰もがにこにこ笑顔で子育てができるようになります。

20年以上教育に携わった中で得た子育て・自分育て知恵・ヒントなどを日々ブログで発信しています。

★ママ先生のHappyいくじ教室
http://ameblo.jp/kosodatenohinto

これからも、子育てをする親をサポートするために、今自分ができる最善を尽くしたいです。
どうぞよろしくお願いします。

【Happyいくじコーディネーター  親サポート専門】  ママ先生 平田由里子


リンク♡ http://ameblo.jp/kosodatenohinto/

リンク♡ http://mamasensei.info/

得意ジャンル
  • 育児
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら