近年アメリカ及び欧米におけるアジア系の人口はどんどん増えています。
しかしその一方で、まだまだ地域で見るとアジア系は少数派ということがほとんど。

移民してきた一世は別として、アメリカで生まれ育った人々の場合
見た目はアジア人でも中身は完全なアメリカ人。

しかしアジア系だから、という理由だけで時にステレオタイプされてしまう
「彼らだけがわかる気まずい瞬間」をBuzzFeed.comのショートビデオから紹介します。

役者さんのやりとりが絶妙で思わずクスッと笑ってしまうような動画ですが、こういった動画を通して差別につながる可能性もあるステレオタイプがなくなることを願っています。


出典www.youtube.com

(カメラに向かって)チーズ!
「オーマイガー!あなたたち今すごいアジア人って感じ!」


出典www.youtube.com

「わたしもアジア人っぽくやるわ!」
「…」

出典www.youtube.com

白人男性「どこ出身なの?」
「テキサスだよ」


出典www.youtube.com

「いやそうじゃなくて、両親はどこ出身なの?」
「…」

この質問はアジア系へのステレオタイプをテーマにしたビデオに必ずと言っていいほど出てきます。自分の生まれ育った出身地を答えても、「それで、本当の出身地はどこなの?」と再度必ず聞かれるのはイラッとするようです。


出典www.youtube.com

「君ってアジア人にしては背高いよね!」


出典www.youtube.com

「ステイシーにハイって言って!」
(カメラを向けられる)「ハイ、ステイシー!」


出典www.youtube.com

「いやぁ、ステイシーはアジア人男性に夢中なんだ、だから僕が…」(アジア系だからという理由だけで仲を取り持とうとしてる)


出典www.youtube.com

「きみの出身はノースコリア(北朝鮮)?それともサウスコリア(韓国)?」


出典www.youtube.com

「(二人同時に)サウス!!」
「どうしてわかったんだ?」
「北朝鮮に捕らわれてはいないからね!」

筆者もアメリカで韓国系の子がこの質問をされているのを何度か見たことがあります…
北朝鮮のことやアジアの地理自体良くわかっていない人がいるのも事実。


出典www.youtube.com

「99 Ranch(大型アジアンスーパーマーケット)も知らないの?君ってほんと、バナナ…」

バナナは外が黄色く中が白いことから、白人社会で育ったアジア人(中身は白人のアジア人)を指します。

筆者の元クラスメートに両親が日本人、でもアメリカで育ったため日本語が話せない姉妹がいたのですが
彼女たちに少しだけ日本語を教えてあげた時にふたりが「私たちってほんとバナナ!」と笑っていたのを覚えています。


出典www.youtube.com

(知らない人に突如中国語で話しかけられる)


出典www.youtube.com

「わたしあの新しい番組大好き!
すごくダイバース(多種多様な人が出演している)だわ!」
「アジア人は出てないけどね…」
「ほら、黒人がふたり出てるじゃない!」


アジア系の役者さんもエンターテイメントの世界で活躍できるようになってほしいものです。


動画はこちらから!
英語字幕をつけてぜひご覧ください。


出典 YouTube

いかがでしたか?

アメリカに住むアジア系の人たちの視点がわかって新鮮だったのではないでしょうか?
今回紹介したBuzzFeed.comはアジア系に限らずステレオタイプをなくすためのビデオをYouTubeでたくさん公開しています。

人種やバックグラウンドに限らず全ての人が居心地よくいられる世界にもっと近づきますように!


この記事を書いたユーザー

Spark joy このユーザーの他の記事を見る

アメリカ、ハワイで生きる筆者が見つける世界の感動エピソード、ワクワクするニュース、考えさせられる情報をシェアしていきます!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • カルチャー
  • 感動

権利侵害申告はこちら