子供が癇癪を起こす場合は、成長段階にあるため感情の起伏が激しくなり理性で感情をコントロールできないということで、仕方がないと言えるかもしれませんが、大人の場合は、なぜ理性で感情をコントロールできないのかという見解を持つ方もいるのではないでしょうか。

癇癪とは、ちょっとしたことにも感情を抑えきれないで激しく怒り出すこと。また、そういう性質や、その怒り。「―を起こす」「―が強い」

出典 http://dictionary.goo.ne.jp

大人の癇癪は、みっともないという否定的な意見も

Licensed by gettyimages ®

やはり大人の癇癪は見苦しいかもしれませんね。

やはり、癇癪は子供なら許容できるかもしれませんが。。。

癇癪が起こる原因は人それぞれ

Licensed by gettyimages ®

少し大げさかもしれませんが、世の中には愚かなことや失礼なことが多いのではないでしょうか。そのため、他人のせいにしがちですが、本当に他人のせいだけなのでしょうか。そして怒りは、誰にでも起こる自然な感情です。そのため、その怒りをどのように対処するのかというのことが鍵になるのではないでしょうか。

“怒りを自然エネルギーとして考えてみた場合

空や空気などと言った自然に存在するものと仮定しましょう。この自然エネルギーを見つけた場合どうなりますか?頭から足までの体を一つの電力ケーブルとした場合、考えられる可能性は二つあります。

①放電したり充電したりなどすることでケーブル回路が調整されている場合はすべて順調です。
②このケーブル回路が中断したり、遮断された場合は、怒りが爆発することになります。

怒りの爆発した状態の精神的回路から抜け出せない場合も

自然エネルギーの“怒り”は、少ないとまるでロボットのように行動しますが、時として人を悪用することにも。そして、怒りの爆発した状態の精神的回路から抜け出せない場合もあるかもしれません。その場合は、何か自分の好きなことを見つけ、それに時間を費やすことで怒りの破壊力を誘致することになります。

■怒りを軽減させる対処方法とは一体?

筆者は、特に車を運転している時に、怒りが爆発しそうになることがあります。同じような経験をされた方も多いかもしれませんが、猛スピードで追い越されたり車線変更のにウインカー無しで横から突然進入されたりと考えたらきりがありません。

怒りは、誰にでも起こる自然な感情ですので、これ自体は問題ではありません。怒りを魂エネルギーへのゲートウェイとして考え、好ましくないことが起きてしまったけれど、自分では変更したり、修正したりできるものではないということを数回繰り返し言うことです。また、ゆっくりと目を閉じて、コメントすることなく自分だけの怒りと考えるようにすると自然に怒りも薄らいでいきますよ。

大人の癇癪は、やはり見ていてあまり良いものではありませんし、癇癪は一つの病気みたいに考えてしまいがちです。怒りを軽減することで、大人として、理性で感情をコントロールできるということがいかに生きていくうえで大切かということも再確認できるチャンスになるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

ピティーB このユーザーの他の記事を見る

伊在住のby.S公式ライターです。
お洒落な海外女子からインスプレーションを受けながらFashion&Food&lifestyleについて執筆しております。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら