髪の保湿もちゃんとしてる?

保湿ケアといってお肌のケアばかり入念なお手入れをしていませんか?もちろんお肌の保湿ケアも大事なのですが、実は髪の保湿ケアもとっても大切なんです。

髪をしっかりと保湿してあげるだけで、広がりがちな髪をしっとりまとまりのある髪にすることができ、パサつく髪もツヤツヤな美髪へとしてくれます。

髪の水分量を増やす保湿ケアってどうすればいいの?

髪の保湿ケアはお肌の保湿ケアよりも手短にできちゃうので忙しい人でもできるだけ毎日ケアを続けるようにしましょう。

本題の保湿ケアですが、とっても簡単!お風呂から出た後にタオルドライした髪に洗い流さないトリートメントをつけてドライヤーをするだけ。ドライヤーの熱ダメージから髪を守りながらしっかりと髪を保湿させてくれます。

洗い流さないトリートメントを使うやり方と同じように、ヘアオイルやヘアミルクを使って髪を保湿してあげるのもオススメなのでぜひ髪の状態に合わせて使い分けてみてください。

ヘアオイルとヘアミルクはどう違うの?

■ヘアオイル

ヘアオイルは、主に油性を成分としたものからできています。また、天然物の植物から採取したハーブや、フルーツの種子や実の部分を100%使用されたオーガニックのオイルがあります。

出典 https://hairhapi.com

オイルのメリットは、髪にとても馴染みやすいことです。それでいて保湿力がとても高く、紫外線をブロックする効果があるので、熱に強い保湿剤と言えます。

ライヤーの熱から髪を守り、傷んだ毛髪の部分をしっかりと修復してくれる働きがあるタイプのオイルが多いのも特徴です。

出典 https://hairhapi.com

出典 http://www.amazon.co.jp

BOTANIST ボタニカルヘアオイル(モイスト)

出典 http://www.amazon.co.jp

ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル リッチモイスチャー

出典 http://www.amazon.co.jp

ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンぺリアル 艶髪オイル

■ヘアミルク

ヘアミルクの成分の主な原料は水、乳糖、エタノール、グリシン、クエン酸などといった水性の髪の整髪料になります。商品によって、全ての成分が異なりますが、水性のタイプのヘアケアの主な成分となります。

効能としては、パサつきや広がり、枝毛の修復が主な働きとなります。オイルと同様に保湿感がとても強く、潤いを長時間キープできます。
オイルとは違い、使い心地はとても軽くさらっとしています。髪の毛全体につかえて、柔らかなしなやかな髪の毛になります。

出典 https://hairhapi.com

出典 http://www.amazon.co.jp

パンテーン 洗い流さないトリートメント ディープリペアミルク パサついてまとまらない髪用

出典 http://www.amazon.co.jp

BOTANIST ボタニカルヘアミルク 80mL (モイスト)

出典 http://www.amazon.co.jp

ルシードエル オイルトリートメント #ディープモイストヘアクリーム

最後に

「髪は女の命」とも言われるほど、髪が綺麗な女性は美しい印象を与えることができます。ついつい保湿ケアというとお肌のケアに重点を置きがちですが、ぜひ髪も保湿ケアを怠らないようにしましょう。
なかなか扱いづらい癖っ毛さんも根気強く保湿ケアを続けていると、髪質が次第に変化してくることだってあるので気長に続けていきましょう。

この記事を書いたユーザー

megumi このユーザーの他の記事を見る

可愛い大人女子に憧れて、新作コスメや美容アイテムを色々と試しています♪今年は徹底美白を貫きます!

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら