私の祖父は認知症です。
他にも病気があり、毎回食事のたびに薬を飲まなければなりません。

介護認定を受けて、要介護3と認定されました。
その祖父の認知症の症状をここに記録することにしました。

祖父の症状

・ご飯を食べたことを忘れる、食べたのに食べてないと言う

お風呂に入るとすぐ寝てしまうのでご飯ができてから起こします。祖父を呼ぶと、食べたといつも言います。
食べてないと毎回説明することになります。

また、昼間はごはんを食べても、食べたのを忘れてしまいます。



・ストーブをすぐ付けたがる

少しでも寒くなるとストーブを付けます。そして、消す時は電源を切らずにコンセントから引き抜いてしまいます。
これで1台ストーブが壊れてしまいました。


・夜中でも、早朝でも昼でも、お風呂に入ると言い出す。

夜中に何度もお風呂に来てお風呂を沸かし始めるのには困りました。
寝不足になります。


・家族の姿が見えないと隣の家に助けを求める

本当にピンチの時ならいいんですが、認知症なので病院に祖母が入院してるのを忘れてしまって、隣の家に聞きに行こうとしてたことがありました。
それが、朝の6時頃で、祖父を追いかけて玄関のドアを開けようとしてるところで止めさせました。


・姿が見えないと探しに来て、何度も覗く

別の部屋にいると、誰もいないのが不安なのか部屋を覗きに来ます。それも数分おきに何度も来て、同じことを聞いてきます。
リラックスしたい時にこれをやられると結構イライラしてきます。


・数秒ごとにアンタだれ?と聞く

ひどい時は、アンタだれ?と何度も聞いてきます。
名前を教えても、すぐアンタだれ?に戻ってしまいます。
あなたの孫です、と教えてもすぐ忘れます。
これもまともに相手をしてると疲れます。

この症状は、私がしばらく祖父の家に滞在するようになると、少しずつ無くなりました。
顔と存在を覚えたのか名前を聞かなくなりました。


・何度も一人で散歩に行く

怖いのは一人で出かけていなくなってしまうことです。
祖父は散歩によく出かけようとします。
外から鍵をかけて、出られないようにしたり、止めさせたりしました。

私のやってみた対処法

普通の人と同じように接すると、とてつもないエネルギーを消費します。
認知症だからといって馬鹿にしたりすると、向こうもそれを感じ取るようなので一回一回の対応は丁寧にして、質問には答えてあげた方がいいとは思います。

同じ場所にいると、同じことの繰り返しが発生するので、場所を変えたり違うことをしてみたりすると少しストレスが減りました。

一緒に簡単なゲームをしてみたりすると、新しい一面が見れました。
ゲームというのは、トランプやボードゲームです。
ゲームにやる気を見せたら、手伝いながら勝ち負けを競います。
脳に刺激があるのか、祖父はこれまでとは違った反応を示していました。
(負けた時に笑ったり、熱中する様子が見れました。)

認知症になる前にどんなことが好きだったか、どんなことをしていたか思い出して、遊びを考えてあげるのもいいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

Hatumi物語 このユーザーの他の記事を見る

Hatumi(はつみ)物語と申します(^-^)
ふと世の中のために何かしてみようと思い立ち、世の中について考え、世の中を良くしていけるような何かを創造したいと思います。
面白くて分かりやすく新しい発見ができるような記事を作っていきたいです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら