先日、イギリスのエセックス州に住む18歳のジャック・リチャーズさんがツイッターに投稿した写真が話題になっています。

「仔犬の時に余命1年未満と言われたんだ…」

Pinned from buzzfeed.com

ジャックさんが5歳の時、生後7週目の仔犬がリチャーズ家にやってきました。「D'for」と名付けられた仔犬をジャックさん一家は大変可愛がりました。ところがD'forが生後6ヶ月の時に、D'forの体の異様な膨らみに気付いた家族。何度か獣医に連れて行ったところ、D'forは、皮膚がんの中でも最も悪性の「メラノーマ」だと診断されました。

 メラノーマとは、悪性黒色腫という非常に悪性な皮膚がんの1つの病名です。一般的には「ほくろのがん」「ほくろのような皮膚がん」などと理解されています。医学的には皮膚の色に関係するメラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍と考えられています。たとえ非常に悪性ながんであっても、早期に発見し、早期に治療を受けていただければ治すことができます。また、皮膚は目に見える部位ですので、気を付けていただければ早期に皮膚がんを発見することができます。

出典 https://www.dermatol.or.jp

家族の早期発見が奇跡を生んだ…!

Pinned from buzzfeed.com

きっと気付いたのが早かったのでしょう。家族はD'forのための手術と治療を惜しみませんでした。なんとかしてこの可愛い仔犬を救いたい。そんな一心で見守ってきたのです。家族はD’forをケンブリッジの専門医のところにも連れて行きました。その結果、暫くして奇跡が起きたと医師から伝えられました。治療が効き、D'forは一命を取り留めたのです。

「13年後のD'forの姿を見てよ!」

Pinned from buzzfeed.com

奇跡的に治療が効いたものの、がんが再発する恐れはあると医師は宣告。ところが無事に13年の月日が経ち、ジャックはツイッターに「13年、D'forは元気に過ごしているよ!」と投稿。仔犬の頃からすっかり成長してこんなに大きくなったD'forを抱えて、嬉しそうに写真を撮るジャック。

ずっと一緒に育ってきた仲

心配しながらも、ジャックは子供時代をずっとD'forと過ごして来ました。家族の温かいケアと愛情のおかげでしょう。今のところD'forはとっても元気なんだそう。とはいえ、13歳ということはすっかり高齢者。D'forの表情からはそんな様子が伝わってきます。

Pinned from buzzfeed.com

奇跡的に助かったD'forの写真とジャックさんのメッセージには6万5千件を超える「いいね」と3万2千以上ものリツイートが寄せられています。

Pinned from buzzfeed.com

現在、ジャックさんは「National Canine Cancer Foundation」への寄付を呼び掛けています。D'forと同じように、がんに苦しむ犬たちを救いたいという目的で、自分にできることを始めたジャックさん。

自分の愛犬だけでなく、他の犬のことも考えるのはジャックさんが本当に犬好きだからこそ。こうした家族の深い愛情が、D'forの命を救ったのでしょう。科学の力では解明できない「奇跡の力」とはそういうものではないでしょうか。

これからも優しい家族の下で、D'forには1日でも長生きしてほしいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス