外務省は2016年5月18日、2019年度から導入する新しいパスポートのデザインを発表しました。表紙に変更はありませんが、査証のページには江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」が採用されることになりました。

見開きごと全ページ異なる北斎の絵が盛り込まれます

「江戸日本橋」

出典 http://www.mofa.go.jp

「凱風快晴(がいふうかいせい)」

出典 http://www.mofa.go.jp

次期パスポートに採用された24作品はこちら

北斎の絵は10年用で24作品5年用で16作品、盛り込まれます。

次期パスポートは,2020年東京オリンピック・パラリンピックを念頭に、その前年の2019年度中の導入の予定です。

Twitterで絶賛される海外からの声

現在、ビザ不要で入国できる国の多さから世界一欲しいパスポートと言われている日本のパスポート。新パスポートに北斎の絵が導入されることで違った面からも世界一欲しいパスポートと言われることになりそうです。

この記事を書いたユーザー

Marina. このユーザーの他の記事を見る

ジュエリーデザイナー。宝石学、パワーストーン学両面から宝石の魅力をお伝えします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • ファッション

権利侵害申告はこちら