飛ぶ鳥を落とすかの勢いでトレンド上位に躍り出た水素水ですが、実際のところ効果のほうはどうなのでしょうかね。

わたくし自身、以前Spotlightの記事内でも書きましたが、新しいもの好きではありますが流行り物には飛びつかない主義者ですので静観しておりますが、いまだ静観状態の最中ですね。

水素水関連の品物がバカ売れする要因の一つとして掲げられているのがイメージ戦略とのことで、その効果が実証されているものでもありませんので、国民生活センターがッ消費者に注意を呼び掛けているそうですね。

◎水素水についての消費者への注意

そんな水素水について3月10日、国民生活センターは「飲用による効果を表したものではありません」と指摘して、消費者に注意を呼びかけている。

出典 http://biz-journal.jp

国民生活センターの呼びかけが3月であるのに対し、未だに水素水ブームは衰えを知りませんので、日本人がこういったイメージ戦略に強くないということがよく分りますね。

体に良くないとも言い切れませんし、法を犯しているわけでもありませんので、行政側も対応に苦慮されているのではないのでしょうか。

ツイッターユーザー「かくちゃん(@kakuchanbeatbox)さん」のつぶやきに添えられた画像を見て、「なんや水素水、世界に認められたんか」と思ってしまいましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

そのつぶやきは、

水素水が金賞受賞し始めたし

出典 https://twitter.com

という書きだしで、その権威の失墜感を嘆いておられます。

現在、8000を超えるリツイートを獲得し、人々の関心の高さをうかがわせております。

それでは、つぶやきをご覧ください

◎ツイートはこちら

いま流行りの水素水が「モンドセレクション」の金賞を受賞したのですね。

モンドセレクションがどれほどの権威なのかは存じませんが、わたくしでも知っている名称ですので、少なくとも日本人にはある程度、浸透しているのではないでしょうか。

それにしても、不透明感漂う水素水を受賞させるなんて、モンドセレクションの選考基準に関しても気になってしまいますね。

さて、ここで話題に出ました「モンドセレクション」なるもの、その言葉自体は周知されている方も少なくはないと思いますが、いったいどんな団体でどの程度の権威づけがされているのでしょうか。

◎モンドセレクションとは?

モンドセレクション(Monde Selection)とは食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体であり、ベルギー連邦公共サービスより指導及び監査を受け、モンドセレクションより与えられる認証(この組織では賞と表記している)である。
1961年、独立団体としてベルギーの首都・ブリュッセルに作られた。

出典 https://ja.wikipedia.org

モンドセレクションというものは、ここ十数年のものかと思いこんでおりましたが、50年以上の歴史があるのですね。

本認証はコンクールスタイルを用いているものではない。
相対評価ではなく絶対評価を用いているため、定められた技術水準を満たした商品には全て認証が与えられる。
モンドセレクションは国際的には知名度は低いが、日本国内での知名度は高い。
審査対象品の5割が日本からの出品であり、日本の商品の高品質が認められ8割が入賞している。

出典 https://ja.wikipedia.org

あくまでも個人的な見解ですが、何かを評価するには絶対的評価ではなく相対的に評価しなければ、評価に値しないと思います。
ある程度の競争があってからこそ品質は向上するのであって、そうでなくお金さえ払えば認証が得られるシステムというのはいかがなものでしょうか。

国際的な知名度が低いのは、その辺りにあるような気が致します。

◎ツイッターでの反応は

相対的評価でないという時点で、
わたくしも無価値に思えてしまいました。

出品の8割が受賞で、審査料がたったと15万円となると、
日本での知名度を考えると安いものですね。

モンドセレクションはその言葉しか知らなかったのですが、
国際的な権威のある団体とは違う印象ですね。

競争して勝ち抜いて得るものとは違うようなので、
金メダルとは天と地の差以上のものがあるでしょう。

◎大阪市の水道水も受賞

ネタかと思ったのですが、
こちらの水道水金賞を受賞しているようですね。

コストの関係上、現在は製造されておりませんが。

「モンドセレクション」自体、その権威やシステムについて批判的な論調が多いですね。
確かに、相対的評価をするものでなく、出品の5割が日本からのもので、そのうちの8割が受賞するのですから、その価値というのは相応でなければならないでしょう。

言い方は良くないのかも知れませんが、「水道水」が受賞するようなものを有難がるのはどうかと思います。

今回のツイートの件、その効力が疑問視されているものが金賞を受賞したということで、モンドセレクション自体の価値が少なからず下落したような印象を受けた方もおられるでしょう。

ですが、モンドセレクションの存在意義自体を否定するのではなく、消費者が本物を見極める目を養うことも大事なような気もします。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス