毎日使うキッチンには、多くの“モノ”が集まっています。

家族の人数分の食器や食材、細かい調理器具から大きな家電まで……。

しかも、どれも料理をするには欠かせない物ばかり。

限られたスペースに大小様々なアイテムが集まっている上、頻繁に出したりしまったりするので、家の中で最も散らかりやすい場所の1つでもあります。

「家の他の場所は整理できても、キッチンだけは……」と諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、頻繁に使うアイテムを出し入れしやすい収納法にすると、驚くほど使い勝手のよいキッチンになるんです!

■よく使う物、そうでない物を分類する

まずは、使用頻度によってアイテムを分類していきます。

よく使う物は「1軍」として、その他の物と分けていきましょう。

こうすることで、普段自分がどのアイテムを頻繁に使っているか見直すことが出来ます。キッチンアイテムは案外使用頻度が偏っている場合が多いので、これだけでも整理になりますよ。

また、鍋は鍋でひとまとめにするなど、仲間同士を集めていくことで探す手間もなくなります。

■既存の収納スペースをフル活用!

分類ができたら、使い勝手を考えて収納していきましょう。

毎日必ず使う物は、優先的に出し入れのしやすい場所に収めます。

1番使いやすい場所は「シンクの近く」。

コンロの下には鍋や調理油など、シンクの下にはキッチン用の洗剤類やボウルなどを収納すると、さっと取り出せます。

■細かいアイテムは仕切りで「個室収納」!

引き出しの中には、細かい調理道具や小さな調味料、ゴミ袋などをしまいましょう。

引き出しには仕切りになるカゴを入れて、“1軍”だけを収納するとスッキリ!

探さなくても欲しい物が見つかります。

■出番が少ない物は「使いにくい場所」へ!

その他、年に数回しか使わないような物も、キッチンには置いてあります。

お正月しか使うことのない漆器、大勢の人が集まった時にだけ使う食器、使う季節が限定されるような物。

それらを出し入れしやすい場所にしまっていると、よく使う物の出し入れに影響します。

限られた収納スペースに全ての物を収めるために、出番が少ない物はあえて使いにくい場所に移動しましょう。

多くのキッチンでは、シンクの上や背面に吊戸棚タイプの収納スペースがあります。

吊戸棚の1番上の段は、脚立がないと手が届かない場合も。

よく使う物を高い場所にしまう事はお勧めできませんが、年に数回の出番の物なら、高い位置でも平気です!

■「カゴ使い」で高い所も活用!

吊戸棚のサイズにあったカゴを入れることで、高い位置の収納が使いやすくなります。

取っ手のついたカゴは手前に引き出しやすく、女性でも取り出しやすいおススメのアイテム。

100円均一で購入できますよ。

高さがある場所はA4サイズのファイルケースを使います。

立てて収納できるので、引き出せば欲しい物がすぐに使えて便利ですよ。

「よく使う物」、「時々しか使わない物」を分類してから、自分の目線と動線を想像してしまう場所を決めていく。

持っている物の種類や数もはっきり分かるようになるので、さらに管理が楽になり使いやすいキッチンになります。

きれいに整ったキッチンで、料理を楽しんでくださいね。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス