電線にスニーカーが

出典My PC

これは、ニューヨーク郊外の私が住んでいた通りの電線です。この写真を撮影したのは、私自身です。ニューヨークではよくこういう光景を見かけていました。

アメリカでは、この遊びが流行っているらしくいらなくなったスニーカーを投げて電線にひっかけるとっても迷惑ないたずらです。この電線にも、始めは1ペアだけのスニーカーがある日突然、ひっかけられていたんですが、次の日には、更に2ペア増えて、合計3ペアに。こんなことをしちゃうと、いずれ付近一帯は停電しちゃうのでは?なんて、このブロックに住んでいた私は心配でした。このスニーカーを排除するには、はしご車がいるよね。 本当に悪質ないたずらですよ。

Twitterで検索してみた

これは、ないですね~。私の住んでいた町は治安がとてもよかったですが、この光景をよく見かけてましたから。。

これもないです。そういうこともない町でしたから。。

いえいえ、これもないですよ~。

ないって!私の住んでいた町は、とても治安が良かったですが、この光景はいつもありました。ただの子供のいたずらなんですから。。

最初はなんか意味があったのかもしれませんが、今は日本でもこれを真似する人がいるらしいですね。それと同じです。ただのいたずらなんです。

いや、ただのいたずらでしょう。うちの近くでそんな売買している人はいませんでしたし。。そちらも同じだと思いますけど。。

ないですよ~。こうして拡散していくんですね~。そっちの方が怖いですよ。

意味のないいたずらです。

完全にあり得ない都市伝説です。

都市伝説にした方が面白いからそうなってるのでは?

Twitterでもあり得ないことが拡散されてて、そっちの方がずっと怖いです。これは、本当にただのいたずら。日本で神社の鳥居の上に石を投げてのせたら、願いが叶うみたいなものとほぼ同じなんですよ。でも、謎めいていた方が面白いので、ネットとかでこういう風に都市伝説ができあがってしまったんだと思います。

出典 YouTube

ミステリーとされてしまってますが、ただのいたずらなんですよ。。今は。

結論

私が住んでいたニューヨーク郊外の町のいたるところで、電線で、こういう風景を見かけましたが、 麻薬販売、娼婦、追い剥ぎなんてことには、まったく当てはまらない街です。ニューヨークの中でも、治安がかなりいい街でしたからね。

子供のいたずらというより、大人のいたずらかな。スニーカーに子供サイズはありません。でも、中、高校生くらいだったら、ありうるかもしれませんが。。 (足大きいから、中、高生!)

こういうことは、絶対、やらないように!!はっきりいって、住人たちも電線を管理する方たちもとても迷惑です。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス