蓮實氏の三島由紀夫賞受賞会見の件。

私は最初、蓮實氏の言動を「自分の様に老いた者よりも若者にチャンスを与えてやって欲しい」という様な受け取り方をしていた。

そして、それはそうなのかもしれないが、ノミネートの段階で打診があり、そこで断る事が出来るという事を私は後から知った。

そうであるならば、受賞会見であの様な発言をするよりも、ノミネートの段階で断る方がマナーとして、いい様には思った。

しかし、もし、ノミネートの段階で断ったら、その過程は我々一般人には知らされないまま「若者にチャンスを」というメッセージは伝わらないのかもしれない。

勿論、どの様な主張であれ、ルールやマナーまで破る事には疑問を感じはする。

だから、事前に打診があるのであれば、そこで断るべきだとは思う。

その上で主張すべき事があるのであれば、別の手段で主張すべきなのではないか。

あの様な場であの様な言動は、ちょっと大人げない様にも思う。

でも、そこで「賞」というもの自体に疑問が出てきた。

事前に「賞」を受ける気があるのかの打診がある事が、どうなんだろう。

「賞」を受ける気のある者にしか、「賞」を与えないというのであれば、それはある意味、出来レースだよね。

そんな出来レースの結果だけを知らされて、我々市民はその結果を鵜呑みにしていいのだろうか。

そもそも「賞」というのは成果に対する評価のはず。

その評価は評価する側の問題だろう。

評価を受ける側の意向に左右されるものではないと思う。

あくまでも「賞」を与える側の評価としての「賞」なのだ。

それを相手の意向に左右させてしまったら、自らの評価を否定する事にもなるだろう。

「賞」を与える側の評価は、それはそれでいい。

その上で評価される側が、その評価をどう受け取るか。

素直に「賞」を受け取ってもいいし、評価に対する異論や不満がある場合は「賞」を辞退する事も選択肢になる。

それが本来あるべき「賞」の姿なのではないか。

そして我々が見たいのは、決して出来レースの結果ではない。

それぞれの評価が見たいのだ。

「賞」を与える側の評価。

「賞」を受ける側は、その評価を評価する。

それらを見た上で、我々市民も一人一人、自分で評価をする。

そうあるべきではないのか。

少なくとも私はそう思う。

この記事を書いたユーザー

愚者x2 このユーザーの他の記事を見る

愚者x2(ぐしゃぐしゃ)と申します。
例え意見が違えども、皆、何かを良くしたいという思いは同じだと思うのです。
そういう意味で、意見や立場が反対であったとしても、
それは敵ではなく、むしろ同志であると私は考えます。
そのような想いを込めて、何かを発信する事が出来るのであれば、と。
そんな風に思っております。

To My Furthest Neighbors In The World...

尚、個人的に力不足を感じた為、
こちらでは今後の更新は停止します。
(ブログ等、個人での発信を続けます)
これまでに書いたものはそのまま残しておくので、
恥を晒す事になるのかもしれませんが、
宜しかったら、ご覧になってみて下さい。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス