少女からティディベアをプレゼントされた母親が号泣

出典 YouTube

2013年に愛する息子を亡くした米国カリフォルニア州在住女性のヘザーさんは、その3年後に、4歳の少女からティディベアをプレセントされました。そのティディベアの胸を押すと、音が出てきました。その音を聞いてヘザーさんはたまらず号泣してしまいました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

ティディベアをもらったヘザーさん(右)

ティディベアの胸から愛する息子の心臓の音が

ティディベアの胸から聞こえてきたのは、なんと心臓の音だったのです。そして、その心臓の音は、3年前に亡くなったヘザーさんの息子ルーカス君の心臓の音が録音されたものだったのです。

出典 http://www.nydailynews.com

ヘザーさんと生前のルーカス君

脳死した息子の心臓を臓器提供

ルーカス君は7か月の時に、ベビーシッターをしていたヘザーさんの当時のボーイフレンドによって虐待をうけ、その暴力がもとで亡くなってしまったのです。

瀕死の状態だったルーカス君は、救急病院に運ばれ手当てを受けましたが、残念ながら3日後に亡くなってしまったのです。

ルーカス君は脳死でした。ルーカス君の心臓はまだ鼓動していたのです。悲しみの中、ヘザーさんは、ルーカス君の心臓を臓器移植提供する決意をしました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

元気だった頃のルーカス君

ルーカス君の心臓は、ジョーダンという女の子に移植されました。

出典 http://www.people.com

ルーカス君の心臓を移植されたジョーダンちゃん

心臓移植から3年後に初めて顔を合わせた2人

その3年後、心臓移植をして元気に成長したジョーダンちゃんは、ルーカス君の母親と面会し、命を助けてもらったお礼にティディベアをプレゼントしたのです。そのティディベアの胸にはジョーダンちゃんの心臓の鼓動を録音してあったのです。

出典 http://www.bustle.com

心臓移植をして元気に成長したジョーダンちゃん(左)と生前のルーカス君(右)

愛する息子の心臓が確かな鼓動をうっている

ヘザーさんは、更にルーカス君の心臓の鼓動をジョーダンちゃんの胸に直接聴診器をあてて聴かせてもらいました。ルーカス君の心臓は、ジョーダンちゃんの胸の中で元気に鼓動していたのです。ルーカス君はジョーダンちゃんの中でまだ生きていると実感できたのです。ヘザーさんは感動のあまり、涙が止まりませんでした。

出典 http://www.dailymail.co.uk

ジョーダンちゃんから直接心臓の音を聴かせてもらったヘザーさんは感動のあまり涙が止まらなかった

悲しみから立ち直れなかったヘザーさんへの少女からの贈り物だった

愛する息子の死から、立ち直れなかった母ヘザーさんは、ジョーダンちゃんとの面会によって勇気と感動を覚えたのです。彼女がとった行動は、間違ってはいなかったということがやっと実感できた瞬間でした。幼いルーカス君の死によって、1人の少女の命が救われたのです。突然、愛する息子を失うことは、とても悲しい現実ですが、そのことによって救われた命が確かにここに存在しているということを実感させられたのです。

「ルーカスは、あなたの中で確かにまだ生きているのね!ありがとう!」とヘザーさんは、ジョーダンちゃんを抱きしめたのです。

出典 http://www.dailymail.co.uk

ジョーダンちゃんを抱き上げるヘザーさん

最後に

この話は世界中に瞬く間に広がり、多くの人たちの感動を呼びました。
失ってしまった息子さんの心臓が今でも動いているというのは、本当にすごいですね。
臓器提供には、様々な考え方がありますが、大切な息子さんが脳死の状態から、心臓を他の子へ提供する決意をされたヘザーさんの勇気に拍手を送りたいと思います。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス