デパートの楽しみといえば、催事♪

出典ミントチョコレートアイスクリーム

北海道展、イタリア展と並んでこころがウキウキするイベントといえば・・・やっぱりフランス展!特に、食べたことのないもの、日本ではなかなか手に入らないものを探すのはとっても楽しい・・・

そんなフランス展の楽しみ方をまとめました。

初日と最終日が狙い目!

出典ミントチョコレートアイスクリーム

フランス展は、見たことのないキノコやお野菜がおいしいので、まずは初日に行って「これだけは絶対食べたい!」というものを確保しましょう。日本未発売のショコラなども、中日すぎるとなくなってしまうことが!

そのため、まず初日に限定品や大好きなものをゲットします。野菜やキノコも、会期中に補充されたり入れ替えたりするそうですが、初日は間違いなく新鮮なので、大好きなものはゲット!

では、最終日には何をゲットする!?

最終日は終了が早く、たいてい17時頃におしまいになります。その時間に合わせて、最後に残った野菜やキノコをゲット!

イタリア展では、お惣菜が半額になっていたことも・・・食べたことがなくて、どうやって調理したらいいのかわからない・・・でも、一度食べてみたい!というものに挑戦するチャンスです。

では、私が手に入れたちょっと珍しい食材は?

ニンニクツリー

出典ミントチョコレートアイスクリーム

なんとオシャレなにんにくツリー。しばらくこのまま飾っておきたいステキさです。お料理上手に見えちゃいそう。
日本のニンニクとは違い、薄皮をむくのがとっても大変。海外のお料理番組で、必ずニンニクを皮ごとつぶしているわけがわかりました。

香りがとっても華やかなんですが、後残りしないのが特徴です。
こちらは、1600円くらいのものを1000円くらいで・・・

ジロル(アンズ茸)

出典ミントチョコレートアイスクリーム

こちらは、フランス展やイタリア展でしかほぼ手に入らない、アンズ茸。ガーリックとバターで炒めると、とろーりとしてめちゃくちゃ美味しいんです!

キノコのおためしセット1000円に入っていました。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

こちらは野生の茸なので、木くずやはっぱくず、土がたくさんついています。そのため、キノコにしては珍しく水洗いしなきゃいけないんです。(しかも、それでも砂をかむときがある)

アスペルジュ ソバージュ(野生のアスパラ)

出典ミントチョコレートアイスクリーム

大のアスパラ嫌いである私が「さっと湯通ししてたべるとおいしい」との言葉につられて購入。
ちいさな花束みたいで、とっても素朴。

生けてみました。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

このまま、野菜室へ。こんな風にいけてみると、ほんとにお庭からつんできたみたい。

ボコボコ沸かした大湯に、さっと入れて10秒。塩をかけて食べました。

前菜風に盛り付けて・・・

出典ミントチョコレートアイスクリーム

ジロル、アスペルジュソバージュ、ブラウンマッシュルーム。キノコはセットで購入したのに、それぞれ紙袋にわけて、さらに、ニンニクで食べたほうがいいものには、ヒト欠けニンニクを入れてくれていました。

こういう心意気がステキですよね。

アルティショ(アーティチョーク)

出典ミントチョコレートアイスクリーム

こぶりなアルティショは、日本でこそあまり食べられませんが、アメリカやヨーロッパではメジャーな野菜です。食べ方もおもしろいし、味もとっても美味しいんです。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

先と茎をカットして(しなくてもいい)、茹でます。このとき、塩を入れてもいいし、オイルを垂らしてもいいと思います。

茹で上がり

出典ミントチョコレートアイスクリーム

この葉を一枚、一枚はがして、根元のやわらかーいところを歯でこそげるようにして食べます。最後に、真ん中に現れる花卓がごほうびゾーン!ほくほくしてとってもおいしいです。

ドレッシングをかけて食べますが、私はマヨネーズと梅ペーストで。5歳の息子も喜んで食べていました。

真っ赤なルバーブ

出典ミントチョコレートアイスクリーム

日本でも、徐々に手に入るようになってきたルバーブ。でも、こんなに真っ赤なものは珍しい!ジャムにするかパイにするか・・・でもどれくらいの大きさを買えば、どれくらいの寮のジャムになるのか・・・

えいや!の気持ちで買ってみました。2本買ったら、ちいさめをひとつオマケにつけてくれて、大喜びです。

ジャムにしました。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

ザク切りしたルバーブ(皮はむかない)に砂糖をばさばさまぶします。ルバーブの半分くらいの量です。もちろん、目分量。30分、海外ドラマを見ながら待ちます。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

水が出てきた!レモン半個ぶんの汁と、タネをいくつか(ペクチンという成分でとろりとさせるため)弱火にかけます。

ザク切りしたルバーブ、火を通す前にかじってみましたが、シブくてややすっぱくて、口の中がシワーっとなりました。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

15分くらい煮詰めたら、こんなふうに自然にほどけて、とろとろに!この時点で、タネを取り出します。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

3本で、このビン2本分くらいに。もっとたくさん買いたかった!次回は買い占めちゃおう・・・と、決意しました。

生活をちょっと楽しくする!

Licensed by gettyimages ®

そんなに料理上手でもなく、ワーキングマザーであるところの私の料理は、いつも同じようなものの繰り返しになりがち。でも、子どもの頃にいろいろな味を見て、食べて、知っておいて欲しい!

そんな願いをカンタンに叶えてくれる、フランス展やイタリア展、ぜひ一度訪ねてみてください。
銀座三越では、毎年秋にイタリア展が(生のポルチーニ茸は初日に確保して!)。日本橋三越では、秋にフランス展が行なわれています。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス