普段の生活で気を付けていても起こる切り傷や擦り傷。
その対処方法としては、消毒をして絆創膏を貼って放置。そう教わってきた人も多いかもしれませんが、近年では新たな対処法が生み出されています。それが「湿潤療法」です。

処置方法

※切り傷などの小さな傷に有効です。大きな傷は病院へ。

1.まず患部をよく水で洗います。これは傷の化膿を防ぐためです。

2.ラップを患部に巻く。この時に余裕があれば白色ワセリンを塗ると効果的です。
※消毒の必要はありません。

3.1日1回はラップを交換しましょう。暑い日であれば2~3回交換しておくと傷の化膿を防ぐことが可能です。

軽いやけどにも効果的

Ⅱ度火傷以上は病院で処置してもらうのが安全ですが、Ⅰ度のような軽いやけどは湿潤療法でも十分です。

大きな傷は目立ってしまうことも

大きな傷だと白い膜のようなもの(フィブリン膜)が目立ってしまいがちです。
しかし、これはかさぶたになる前のものなので、取れるようでしたら洗い流してしまいましょう。その上から再びラップを巻くと良いです。

何故消毒は駄目なのか?

傷口の細菌を殺すために消毒をすると、細菌よりも人の正常な細胞のほうが大きなダメージを受けてしまいます。
細菌は細胞壁によって守られていますが、人間の細胞には細胞壁がないので、消毒によって破壊されるのは人間の細胞のほうです。
細胞が破壊されるということは、消毒をすればするほど、傷を治すのではなく逆に傷を深くしてしまうということです。傷口は水道水でよく洗えば十分です。

出典 http://www.hospital.japanpost.jp

人間の細胞は再生するのに時間がかかりますが、外から来る細菌は多い為その対応に時間がかかってしまう訳です。

ラップ以外にも専用商品として出ています

キズパワーパッドなどは絆創膏ですが、ハイドロコロイド素材でできており、傷口から出る浸出液を吸収してくれます。
出来る限りこちらを使った方が良いでしょう。
勿論、何度も付け替える必要はあります。

この記事を書いたユーザー

CLA このユーザーの他の記事を見る

最新の話題をすぐにお届けできるよう記事を書いていきます。
※10日程まで記事更新ができない状況です。申し訳ありません。

得意ジャンル
  • コラム

権利侵害申告はこちら