保護犬ハウスが7歳女児を毒蛇から救出

出典 YouTube

犬にかまれながら7歳の少女を守り切った保護犬のニュース (英語)

保護犬のハウスがモリーの前に立ちはだかり何かを威嚇した

2016年5月11日(水)午後4時ごろ、フロリダ州タンパの自宅裏庭で7歳のモリーちゃんと、2か月前に動物救済センターから保護した2歳のジャーマンシェパードのハウスが遊んでいると、突然、ハウスがモリーちゃんの前に立ちはだかるように体をふせて前に進んだかと思うと、後ろにジャンプした。その様子を目撃した祖母は「ハウスはまるでモリーを守るように、何かを威嚇して、ジャンプしたのです。」

出典 http://www.tampabay.com

Tampa Bay Times

ハウスが立ち向かったのはガラガラ蛇

ハウスが立ち向かったのは、大きなガラガラ蛇でした。毒蛇です。 

蛇はハウスの右前脚を3回噛んでいました。辺りは血だらけでした。ハウスはすぐに動物病院に連れて行かれ、解毒剤を投与され、現在治療中です。解毒剤なしでは1時間で死亡していたそうです。

今のところ、ハウスの命に別状はないそうですが、腎臓に障害が残る可能性はあるということです。

出典 http://www.tampabay.com

Tampa Bay Times

世界中から称賛の声と寄付金が集まる

保護施設から救出された犬が、飼い主の子供の命を救うという、ハウスの勇敢な行動に、世界中から称賛の声があがり、ハウスの命をなんとか救ってほしいと、たくさんの人たちから寄付金が集まっています。現在5万ドル(約500万円)近い金額になり、ハウスの今回の治療以外で余ったお金は、犬の保護施設に寄付するとのことでした。



犬はとても人の役に立つ動物

犬に飼い主やその家族が命を救われるという話は、世界中で耳にします。今回のハウスはジャーマンシェパードという犬種で、警察犬や救助犬にもよく採用されるとても頭の良い勇敢な種類の犬でした。命を救った犬に、人間が救われる。まさに恩返しですね。

このように犬は人間にとって、とても役に立つ動物です。保護施設の犬たちが毎日大量に殺処分されている現実を考えると、なんとも言えない気持ちになります。人の命も救える犬たちの命をどうして人間は無理やり奪わなければならない社会にしてしまったのかということを一人でも多くの人が考えて、なんとか世の中のこの良くないシステムを変えていく方向にもっていきたいものです。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス