記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
食事をしたあとに突然睡魔に襲われたこと、ありませんか?眠気血糖値には、密接な関係があります。血糖値は上がりすぎても、下がりすぎても眠気が起こります。あまりにも血糖値が高い、もしくは低い場合は、眠気どころか昏睡状態になることがあるため、注意が必要です。

今回は、この眠気と血糖値のカンケイについて医師に解説してもらいましょう。

■ 食後の血糖値と眠気のカンケイ

食事をして血糖値が上がると、インスリンという血糖値を下げるホルモンが膵臓から分泌されますが、このホルモンは血糖値を下げるだけでなく、肝臓や筋肉にも働きます。肝臓では糖の合成を抑え、筋肉では糖の消費を進めるのです。

またこのホルモンは脳に働いて、あるホルモンの分泌を抑えます。この脳の中のホルモンが減ることによって、眠気が起こるとも考えられています。

■ 脳を休ませようとして、眠気が起きる?

それに対して血糖値が下がると、脳に糖を集めて、身体を休ませようとする働きが起こります。それでも糖の量が足りないときには、今度は身体が脳を休ませようとするため、眠気が起こります。いずれの働きも生理的なものですが、極端な場合は身体に害を及ぼす可能性があります。

■ 予防のポイントは、食事のとり方にアリ!

血糖値が極端に上がったり下がったりしなければ、眠気程度でおさまります。しかしそれが極端な場合は昏睡になることがあるため、急激な血糖値の変動は避けるようにした方が安全です。
具体的には、以下のような食事方法がオススメです。

・3食規則正しく食事をとる
・極端な空腹を避ける
・食事をとる時には急いで食べたり、まとめ食いをしない
・お腹がすいたからといって、高脂肪食を大量に一気にとらない
・野菜など、カロリーが低くて胃を伸展させるものから食べることで食欲を抑え、どか食いを防ぐ

≪あなたの自律神経は正常に働いている?≫
自律神経の乱れでお疲れではないですか?【自律神経の乱れ度】チェック

【医師からのアドバイス】

食事のとり方のほかにも気を付けたいことがあります。まず、膵臓に負担をかけることは控えましょう。過度のアルコールを摂取し続けると膵臓に炎症が起こり、インスリンが分泌されなくなることがあります。

そして肥満にも注意が必要です。肥満によって膵臓はインスリンを必要以上に分泌し続けて、最終的にはインスリンの量が足りなくなることがあります。

これらのことが起きると血糖値の変化に身体が対応しきれなくなり、血糖値が上がったり下がったりして眠気を誘うことになります。そうならないためにも、まずは日頃の生活習慣を見直すことからはじめましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら