『宮本武蔵ファンのカステルバジャック』Castelbajac in Paris

日本でもおなじみのポップなデザインを特徴とするカステルバジャック。彼は本名をジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャックといい、1949年11月28日、モロッコのカサブランカに生まれました。

裕福な家庭だったこともあり、ジャンが生まれて数年の経過がった1950年代半ばでした、フランス中部のリムザンへ移住します。そして、教育熱心な両親は先のことを考えてジャンに6歳から寄宿生活を始めさせ、全教育課程を地方の5つの異なった寄宿学校で学ばせました。

それは両親の教育方針の一つ“多様性を持った環境で学ぶこと”を実践するもので、そのコンセプトは“多様さの中で生きることは、本人が持っている潜在意識化に在るいくつかの個性を引き出すことが容易にできる”というもので、12年の間の5つの学校を転校させています。

その教育が功を奏したのでしょう、感性豊かに育ったジャンは、学生生活を終えるとすぐ、母親がファッションメーカーを経営していたことで、ファッションデザイナーとして生きることを決します。そして、1968年、18歳の彼は母親と共にプレタ・ポルテのメーカー「コー・アンド・コー(Ko&Co)」を設立。その後、そこを拠点にしてデザイナーとしての道を本格的に歩み始めます。

幼い頃からの両親の教えに基づき、ひとつの世界に生きるのではなく、他流試合も必要と感じた彼はその後の4年間をパリのピエール・ダルビーの会社の専属デザイナーとして生きますが、その間にデザイナー“カステルバジャック”の基礎を創ったと思われます。

それは個性あるもので、1970年、寄宿生活時代の毛布を使ってコートを作り、最初のショーを開きました。もちろん、他のどんなデザイナーにも思いつかない彼独自の世界をしっかり主張し、観衆を驚かせました。そして、1974年、カステルバジャックは独立。その記念に開いた初コレクションでは多大な評価を得、プロのデザイナーとして揺るぎない地盤を築きます。

その後、デザイナーとして着実な歩みを見せた彼には著名人の顧客も増え、1978年、自分のブランドを“ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック社”として設立。それを機にそれまでのコレクションの主たるものはレディース・ラインでしたが、1980年からはメンズ・ラインも手掛け今に至るのです。

ポップで斬新なイラストで知られる彼の作品は、流行にはとらわれないという創作姿勢を守り抜くことで「アンチ・モードの旗手」と呼ばれ、彼の作品の多くが流行とは無関係でした。ですからそれらは数十年の時が経過しても今仕様のファッションとして楽しめることから、ファッションの魔術師とも呼ばれるようになります。

《宮本武蔵ファンのジャンは自社のシンボルマークをKAMON(家紋)と名付けます》

★カステルバジャックのシンボル「KAMON」はジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャックのイニシャル、JCCを組み合わせたものですが、実はカステルバジャックは宮本武蔵が大好きで、日本の古くからの文化も勉強しています。彼はその過程で自社のシンボルマークが日本の家紋に似ていることに気が付き、そのシンボルを「KAMON(家紋)」と名付けます。

★進化を求めて日々、精進するカステルバジャックの原点は、自分でも言っていますが、6歳という幼少の頃から始まった寄宿舎生活から学んだ哲学に在るのです。当時は幼かっただけに寂しさもあったとは思いますが、異なる環境の中には日々新しい発見があり、毎日が学びでした。多くのことを日常の中でに学んでいたのです。

★英才教育の一端は“寄宿舎生活”の中にあることを母親は知っていたのでしょう。息子を手元から放し、寄宿舎に預け旅をさせたのです。だからカステルバジャックという美に卓越したデザイナーが生まれ育ったのだと思います。日本でも“可愛い子には旅をさせろ”と言いますね。

ご両親の英知ある判断と彼自身の努力、そして、ファッションの世界に囲まれて育ったその環境。それらがカステルバジャックを生み育てたと思います。

《註:文中の歴史や年代などは各街の観光局サイト、取材時に入手したその他の資料、ウィキペディアなど参考にさせて頂いています》

(旅行ジャーナリスト・作家 市川昭子著)

★画像・記事の転載・転用、ダウンロードはお断りいたします。どうぞよろしくお願い致します。

この記事を書いたユーザー

市川昭子 このユーザーの他の記事を見る

★旅行ジャーナリストとして長い間、公私共に海外の国々を訪れ取材し滞在。美術館巡りが好きで「ヨーロッパの美術館」など著書も出版。海外ガイドブック30冊以上(フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、オランダ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、ハワイ、アメリカ、香港、韓国、グアム、サイパンなどなど十数カ国のガイドブック)を取材し出版。★小説【あなたが生きた街】を出版。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス