老舗ストリップショーは芸術だった

その頂点に立ちながらもAV女優を引退する上原亜衣さんが最後の舞台に選んだ浅草ロック座という老舗のストリップ劇場に足を運びました。

5月1日から20日間休みなしで一回1時間40分のステージを各20分の休憩を挟み一日五回公演をこなす中々ハードなスケジュール構成です。

灘ジュンさん、白石美咲さん、武藤つぐみさん、小嶋実花さん、白砂ゆのさん、ミス・トゥルースさん、そして上原亜衣さんの7名のキャストがそれぞれピンで踊る全7景の間に別キャストと4名のバックダンサーがコラボのパフォーマンスで繋いで行く構成になっています。

ストリップというのは、単に裸の女性がステージで踊るエロス目的のショーだと恥ずかしながら自分も勝手に思っていました。しかし、今回目の当たりにした浅草ロック座の舞台はシェイクスピアの「ハムレット」に登場するオフィーリアや「ロミオとジュリエット」をモチーフに人形浄瑠璃風にアレンジし4人のバックダンサーが実際に和太鼓を鳴らして繰り広げられる迫力のステージだったり、天井から吊るされた二重の羽衣に手首足首を絡めながらの圧巻のアクロバット浮遊舞踊だったり、全く予想していなかったパフォーマンスに圧倒され続けてしまいました。

そしてトリを締める本当に天使が舞い降りたかのような上原亜衣さんが可憐で聡明な舞いを魅せる最初で最後の舞台に思わず目頭が潤んでしまった訳です。

本来は、オジサンの聖地であろう浅草ロック座に単身の女性客をも多く含める老若男女を集客して今日までの連日満員という劇場未踏の17日間連続大入りの奇跡を更新し続けています。

確かにピンポイントでの盛り上がりなのかも知れません。しかしながらネット上で容易く女性の裸体を見られる時代に失礼ながらロートル的なストリップという媒体に新たな風を吹き込んだ上原亜衣さんの功績は計り知れません。

波多野結衣さん、大槻ひびきさん、天使もえさん、初美沙希さんなどのかつての仕事仲間が日々代わる代わるプライベートで劇場に足を運び、当初予定のなかった休憩時間のメイドバーでの上原亜衣さんの撮影会に、今週からは乙葉ななさん、小島みなみさん、白石茉莉奈さんなどの盟友である人気AV女優さんたちが登壇しトークショー&撮影会などのイベントが随時追加され、それらの模様や劇場を訪れた観客の感想ツイートを上原亜衣さんが間髪入れずにtwitterに投稿し彼女のファンは居ても立っても居られない状況に陥るという異様な盛り上がりを見せています。

5年間で1,000本以上のAV作品を残し彗星のように駆け抜けた天使上原亜衣さん。その勇姿もあと3日で見納めです。今後、彼女は作り手の方向でAV界には関わって行くようですが、タレント活動はせずに表舞台からは完全に姿を消すと公言しています。

あと3日間しかありませんが、若い女性の方が大勢一人で観に来られています。

もし浅草ロック座に行ける環境の方は是非とも最後の上原亜衣さんの勇姿を観ておいて欲しいです。

そして5月20日の千秋楽の日には浅草ロック座に間違いなく更なる奇跡が起こり“上原亜衣”という名前が伝説として刻まれる事でしょう。





この記事を書いたユーザー

nobyon このユーザーの他の記事を見る

映画馬鹿。

得意ジャンル
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス