出典 https://www.facebook.com

Facebookに投稿された一人の少年と警察官が道端に座り込み話をしているこの写真。今、この写真が『愛を感じると』大きな話題になっています。


逃げ出した少年自殺の可能性も。

アメリカ・ロースカロライナ州の警察官・ティム・パーディさんは、ある日「学校から自閉症の男子生徒が逃げ出した」との通報がありました。

少年はこれまでにも感情を抑えきれず数々の問題行動を起こしていました。今、彼はとてもナーバスになっているので自殺の可能性も考えられるとの指摘を受け急いで少年の捜索に向いました。

学校周辺で男子生徒をみつけたティムさんは彼に近づき、彼お同じように道端に座り込むとそっと話しかけました。ティムさんの落ち着いた対応に徐々に落ち着きを取り戻す男子生徒。最後は笑顔も見せてくれたとのこと。

パーディ警官とこの男子学生は信頼と絆を見つけました。それこそが今この少年にとって何より不可欠なものだったのでしょう。補導したり逮捕したり法を強いたりするだけが警察の仕事ではありません。こうした小さな行為が誰かの人生をより素晴らしくする為の大きな変化を与えることもあるのです。

出典 https://www.facebook.com

このコメントと共に投稿された写真は大きな反響と称賛の声が続出しています。60万を超えるいいねと23万のシェアは驚異的!コメントも読み切れない程届いています。

・わたし達にはこのような警察官が必要だと思う

・神はあなたとティム・パーティ警官と警察署を祝福しているわ!

・彼も警官も精神的にとてもハードだったろう。しかし男子学生に何ごともなくてよかった。ティム警察官グレイト!

・素晴らしいです。この話は国境を超えてシェアされるべきた。神様のお恵みを!

・パーディーに拍手を

・傷ついた少年に寄り添う姿に涙が溢れました。バーディー警官最高!

・世界中の警察官がバーディー警官のような人ならいいのに

出典 https://www.facebook.com

世界中から多くの称賛の声が届いていますね。どれも愛溢れるティム警察官の対応と少年の無事を喜ぶ声ばかり。

警察官の不祥事が多々報道される日本ですが、警察官も人間。間違ったことをする人もいるでしょう。けれどそんな人達は少数。市民の見本となるべき警察官はティム警官のような心優しき正義の味方であることを筆者、信じています。

ティム警察官と男子学生の信頼と絆がいつまでも続きますように。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス