あなたたちは主の祭司と呼ばれ、
  私たちの神に仕える者とされる。イザヤ書61:6

 パウロのテモテへの手紙:
あなたに与えられている神の賜物を、
  再び燃え立たせるように勧めます。Ⅱテモテ1:6

      (ローズンゲン日々の聖句5/17;火)

 神である主の霊が、受け入れる者の上に来てくださるとき、その者は、神である主がしようと思われている思いと同じ思いが心に来る者とされ、神である主がしようと思われているとおりに、「主の祭司」の働きをする者とされるのだそうです。

 神である主がしようと思われているとおりに、
貧しい者に良い知らせを伝え、
心の傷ついた者をいやし、
捕らわれている人には解放を、囚人には釈放を告げ、
主の恵みの年と、神である主の復讐の日を告げ、
すべての悲しむ者を慰め、
シオンの悲しむ者たちに、灰の代わりに頭の飾りを、
悲しみの代わりに喜びの油を、
憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるために用いていただけるのだそうです(イザヤ61:1~3)。

 イエスが、「わたしは、自分から話したのではありません。わたしを遣わした父ご自身が、わたしが何を言い、何を話すべきかをお命じになりました。わたしは、父の命令が永遠のいのちであることを知っています。それゆえ、わたしが話していることは、父がわたしに言われたとおりを、そのまま話しているのです」(ヨハネ12:49~50)、と言われている、イエスと「父」との関係と同じ関係に入れていただいて。

 使徒パウロが、若い弟子、テモテに書き送っているように、神の賜物(プレゼント)として、受け入れる者に来てくださる「聖である霊」とよばれる方は、その者の内で、炎が燃え立つように働いてくださるのだそうです。
 受け入れる者を、御思いのとおりに突き動かしてくださるのだそうです。力強く、大胆に(使徒4:31)。
あの、死んでしまったラザロの墓の前で、「激しい憤り」のようにイエスを突き動かしたように(ヨハネ11:38)。
今日も。

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら