元モー娘。の加護ちゃん。

こんばんは!
今日の悲しすぼん。
なぜかって、、、

ブログで悲しいことがあったと綴られました。今では1児の母となり、すっかり大人の女性になった加護ちゃんの悲しいこととは、何だったのでしょうか・・?

なぜかって、、、
喘息になっちゃったのです。



病院行って吸入薬もらって
ゼエゼエは落ち着いてるので
みなさん安心してね(*^_^*)


でも、小児喘息以来だったので
突然また症状が現れるなんてびっくり。

出典 http://ameblo.jp

小さい頃に発症した喘息の症状が大人になった今、症状が出てきてしまったそうです。今は落ち着いているようですが、苦しい思いをされたようですね。

喘息は大人になってからの方が症状が重くなると耳にしたことがあります。

加護ちゃんに寄せられたコメント

原因究明と改善が大事です
私も大人喘息になり呼吸困難で1週間ぐらい声が出ませんでした。病院に行ってもステロイド薬を使用しても治らない。さあどうするって悩みネットから情報収集。答えは食事と生活習慣からでした。時間はかかりましたが改善したら完治しました。病院・お薬も大事ですがまずは発症原因を突き止めて改善しないと焼け石に水みたいな状況になります。

出典 http://ameblo.jp

私も小児喘息あって、大人になって急に喘息になったことあるよ。疲れてたみたいで。治ってからジョギングするようにしたら、喘息にならなくなったよー。あいぼんも疲れてたのかもよ。

出典 http://ameblo.jp

加護ちゃんのブログには、喘息になった経験者の方からもコメントが寄せられており、「発症原因を突き止める」ことが大事だという声が見受けられます。

では、喘息になる原因とはどのようなことが考えられるのでしょうか?

喘息とは?

日本では、子どもの5~7%、大人の3~5%が喘息(ぜんそく)にかかっているといわれています。
子どもの喘息(ぜんそく)は男子に比較的多く、アレルギーが原因であることがほとんどとされています。小学校高学年ぐらいから発作がなくなる時期がありますが、20~30歳代に再発することもあります。
大人の喘息(ぜんそく)の6~8割が大人になって初めて発症した人たちで、男女比も変わりません。子どもの喘息(ぜんそく)に比べ、原因が明確に特定できない場合が多いとされています。

出典 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp

加護ちゃんのように大人になって再発するケースもあるようですね。

アレルギーの原因となるもの

・ダニ
・ハウスダスト
・ペット
・花粉
・食物

出典 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp

アレルギー以外の原因

・運動
・たばこ
・過労・ストレス
・風邪などの感染症
・大気汚染天候・気温の変化
・香水などの匂い

出典 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp

原因が明確に特定できない場合が多いと言われている大人の喘息ですが、発症してしまったかたはまずは医師の診断を受けましょう。初めて喘息になってしまった方は、まずはセルフケアも大事です。

・発作性の激しい咳がくり返し出る
・息苦しい
・呼吸をするとゼーゼー、ヒューヒューと音がする

出典 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp

このような症状がでたら、すぐに医師に診てもらうようにしましょう。加護ちゃんも吸入器を処方してもらい、落ち着いているようですが、安静にして乗り越えてほしいですね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら