国旗について

日本で言えば日の丸、アメリカなら星条旗のように各国には国旗がありますよね。その国旗には各国ごとに意味が込められています。どんな意味が込められているのでしょうか?国旗に込められた意味について調べてみました。

日本 日章旗(日の丸)

日本では聖徳太子が遣隋使に託した文書以来、自国を"日出ずる国"とする考え方があり、赤い日の丸は日の出の太陽を象徴する。 また紅白は日本の伝統色で、めでたいものとされており、赤は博愛と活力、白は神聖と純潔を意味するとも言われている。

出典 http://www.sarago.co.jp

日出ずる国という文言の入った書簡を小野妹子に持たせて随に送ったという事は日本史の授業で習って皆さん知っていると思います。これにちなんで、太陽を象徴とした国旗が完成したのです。色の意味は引用にも書いてある通り、博愛と活力の赤と神聖と純潔の白です。

赤い部分を赤と書く事も多いですが、日章旗の色は正式には紅色と白色です。赤ではなく紅色なのです。日の丸の愛称で親しまれていますが、正式名称は日章旗です。

似たような国旗も多く、日本への畏敬の念や親しさを表しているとする説がある他国の国旗もあるが、フランスの国旗のように参考にした国が参考にしたと公に公言はしていないようである。

アメリカ 合衆国旗(星条旗)

アメリカ合衆国初代大統領 George Washington によると、星は天を、赤の線は母国イギリスを、白の線は独立を象徴する。
星条旗の星は現在の州の数(50)を表わし、紅白の条は独立当時の州の数(13)を表わします。ただし、15州時代(1795~1818)の星条旗だけは例外で、紅白の条も星の数と同じ15本あります。
独立した後に州の数が増えるとともに、星条旗も度々変更されてきました。

出典 http://www.sarago.co.jp

ご存じの方も多いと思います。アメリカの国旗である星条旗。こちらも世界史の授業で習った通りの由来ですので知っている方も多いと思います。

こちら星条旗で覚えている方も多いと思いますが、正式には合衆国旗と呼ばれます。独立時の13と現在の50の州を表すストライプと星の数は時代によって数が違います。星が違うことは多く知られていますが、ストライプが一時期15であった事はあまり知られていないのではないでしょうか…?

イギリス ユニオン・フラッグ(ユニオン・ジャック)

英国旗は一般にユニオン・ジャック(Union Jack)と呼ばれているが、ジャックとは船の舳先につける船首旗の事であり、正しくはユニオン・フラッグ(Union Flag)と言う。
1603年にイングランドの St.George旗(白地に赤十字)と、スコットランドの St.Andrew旗(青地に白の斜十字)が組み合わされ、その後1801年にアイルランドの St.Patrick旗(白地に赤斜十字)が加えられた。北部の6郡を除くアイルランドは後に独立(1921年)したが、英国旗はそのまま使用されている。
もう一つの連合国であるウェールズは、早くからイングランドに併合されていたため、赤い竜のデザインは英国旗の中には採用されていない。
英国旗の赤の斜線部分は左右対称ではなく、白の部分と赤の部分の太さが互い違いになっている。これは、「カウンターチェンジ」と言われ、スコットランドとアイルランドが同位である事を象徴している。

出典 http://www.sarago.co.jp

イギリスの正式名称はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国とされるようにこの国は4つの国の集合体で出来ています。ユニオンフラッグはそのうちのウェールズを除く3国の国旗を合わせて作られています。

ウェールズも入れると…。

このような感じでしょうか?こちらの方が個人的には格好いい気がしますが…。ウェールズだけ仲間はずれで入っていないというのも悲しい話ですよね…。是非入れてあげて欲しいものです…。

フランス フランス三色旗(トリコロール)

青は自由を、白は平等を、赤は博愛を表わす。フランス革命軍が帽子に付けた帽章の色に由来する。

出典 http://www.sarago.co.jp

フランス革命が由来の自由、平等、博愛を表す国旗なのです。ちなみに、一般的に青と言われますが、実は藍色なのだそうです。

イタリアなどの国旗もこのフランスの国旗が起源なのです。

ロシア

旧ソ連の崩壊に伴い、帝政ロシアの国旗が復活したもの。これは“スラブ三原色”と呼ばれる白・青・赤の3色を横に三等分に配列した旗で、白は高貴と率直の白ロシア人を、青は名誉と純潔性の小ロシア人を、赤は愛と勇気の大ロシア人を表わす。

出典 http://www.sarago.co.jp

ソ連時代はこの国旗ではなく、共産主義らしい赤の国旗を使用していたが、崩壊後ロシア帝国の国旗を復活させたのです。造船技術をオランダに学んだ際にオランダの国旗を参考に作ったという説もあるが、モスクワ大公国の紋章の色である白、青、赤で旗を作った説が有力である。

ソ連時代はこちらの旗などを使用していた。

オランダ 三色旗

スペインからの独立運動に使われた3色旗が基本になっており、赤は独立の戦いに臨んだ国民の勇気を、白は神の祝福を願う信仰心を、青は祖国への変わらぬ忠誠心を象徴する。
なお、この国旗は縦長に掲揚してはならない。

出典 http://www.sarago.co.jp

世界最古の三色旗とも言われ、フランスよりも先である。フランス統治時代にはフランス国旗と似ている事から使用を禁止されるという不遇もあった。確かに縦にすると色の配列が一緒のためそのままフランス国旗になってしまう。それが原因かは定かではないが、現在でも縦に掲揚する事は禁止されている。

韓国 太極旗

中央の円は太極(宇宙)を表し、すべてのものの統一・一体性を表す。巴の形は陽(赤)と陰(青)を表し、積極と消極・善と悪・男と女・太陽と月……といった、ものの二重性を表している。四隅のしるしは、乾・坤・坎が離と読み、四つの相対立し、しかも調和をもつものの組み合わせ、すなわち、東西南北、父母兄妹などを表す。

出典 http://www.sarago.co.jp

この旗の起源は不明で諸説ある。中国から昔頂いた物であるとする説や日本国旗が目の前にあったから適当に改造したという説まで様々である。太極のマーク自体は中国が起源とされているが、韓国から中国が奪い取ったとする説もある。

他にも色々…。

他にもいろんな国旗がありますし、国旗の数だけ由来などもあります。この機会に調べてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら