ちょっと見逃したなら、全部観なくていい

映画にしろテレビにしろ、たとえどんなに観たかった番組でも、最初の内容の5分程を見逃してしまった番組は、もうその後は観る必要も無いし、なんだか一気に冷めてしまうから、その後はまるっきり、一切観たくも無くなってしまう。

だからこそ、毎日番組表で事前に観たい番組の内容をチェックして、録画をしながら観るようにしている。

毎日出来るだけ様々な分野の情報を、極力たくさん頭の中に取り込んでおきたいという欲求があるから、家にあるハードディスクレコーダーや、DVDレコーダーの全ての録画可能機器と複数チャンネル同時録画機能を駆使して、連日 ニュースや情報番組からドラマや映画、アニメやバラエティまで、可能な限りの番組を録画して、許す時間のある限り、なるべく多く観て消費しようとしている。


多い時には20~30番組

毎日様々な番組を録画するから、ハードディスクの録画可能容量など、一気に満杯になってしまって、録画できる容量をすぐに超えてしまうので、観たくなくとも、どんどん観て消去しないと間に合わない。

休みの日の、何もすることが無くて時間のある時に、まとめて一気に20番組とか、多い時は30番組を早送り再生しながら観たら、もったいながらずに すぐに消去して、ハードディスクの録画容量を確保しなければならない。


CMほど邪魔で無駄な時間は他にない

そんな状況だから、当然一日の時間が経つのも早いし、無駄なことに時間を割かれるのが、ものすごくストレスになってくる。

というわけで、CMを自動チャプターで分けてくれる録画機器だと、どんどん観ながら効率よくCMを飛ばせるのだが、チャプター分けしてくれない機器で録画した時には、いちいち早送りをしながらCMを飛ばして本編まで手動でスキップしなければならない。

そんな無駄な時間に追われる暇をも惜しみながら、毎日大量のテレビ番組を観て消費するという、時間との戦いをしなければならない、なんだか自ら、わざわざ忙しくなるような生活を送っている。

観なきゃ観ないでもいいんだけど

そんなこんなで、最初に書いたとおり、4台全ての録画機が稼働中にも、ライブで放送中の番組を リアルタイムで観なければならない時もある。

どうしても観たかった番組で、録画も出来ない時には、このようにライブで観る羽目になるのだが、食事の仕度や後片付けも有るし、シャワーとか入浴やトイレに行きたいこともあるから、その番組をリアルタイムで観ていても、時々その場を離れて、その間に放送していた前後の内容が把握できなくなってしまったら、一気に観る気力が無くなってしまう。

だからもう、そうなったら、観たかった気持ちも萎えてしまい、諦めてその番組で得られたはずの知識は捨て去ってしまう事となるのである。

もうちょっといい加減にならなきゃね

それもこれも、良く言えば几帳面というか、元来の潔癖な性分が邪魔をして『 見逃したら見逃したで、別にいいじゃん 』という事が出来ないから始末が悪い。

観たかった番組は『 絶対に観なければならない 』と自分に掟を作ってしまい、まるで義務を遂行するような感じで、どんどん自分を追い込んでしまう。

たかがテレビの視聴でさえそんな風だから、普段の生活もおのずと息苦しくなってしまう。
まぁ、それは自分で自分の首を絞めているようなものだと 自分で分かっているのだから、とっととやめればいいわけだ。

『 ふだんから、もう少しいい加減な性格にならなきゃね 』とは思うけれど、それが出来てたら今頃苦労はしてないってばサ。

この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら