団体戦の立ちデータってどのように記録していますか?

僕が現役時代は、顧問の先生が団体戦の立ち入力用の表を
紙に出力して、そこに手書きで立ち練習結果を入力していました。

紙なので、一覧性はありますが、雨の日湿気てしまったり
バインダーから外れてどこかにいってしまったり。
管理に困っていました。
また、個人個人のデータを分析するにも一枚一枚見ていかないといけないので
的中の調子がすぐにはわかりませんでした。

その悩みを解決するためにアプリを作りました!!

採点簿と同じUIで簡単に的中を入力

個人の的中記録アプリ、採点簿と同じUIにしたので
迷うことなく簡単に的中結果を入力することが出来ます。

いろんな条件で立ちデータを検索

タイトル、行射日、立ち人数、練習・試合など
立ちの種類毎にデータを絞り込むことが出来ます。
画面遷移しないので、その場で簡単に絞り込めます。

個人の的中データはグラフで視覚化

各射のデータをグラフで視覚的に見れます。
その選手の調子がひと目で分かります。

いろんな条件で個人データを絞込

こちらも画面遷移することなく
行射日、立ち人数、練習・試合など
複数の条件で個人データを絞り込むことが出来ます。
試合前の立ち練習結果の分析に使って下さい。

高校生の皆さんはもうすぐ総体の時期ですね。
試合に向けてメンバー決定が行われると思います。

立ち練習の結果をアプリで簡単に記録し
立ちメンバー決定に活かして下さい。

この記事を書いたユーザー

Bowyer このユーザーの他の記事を見る

小豆島出身のアプリ開発者です。採点簿という弓道アプリを運用しています。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 国内旅行
  • インターネット
  • グルメ

権利侵害申告はこちら