Licensed by gettyimages ®

看護師と言っても働き先は様々です。総合病院、クリニック等、また、介護施設、訪問看護等、病院以外の仕事先もあります。
その中から「総合病院」のメリット、デメリットについて紹介していきます。参考にして下さい。

総合病院の特徴

看護師の主な活躍の場である総合病院ですが、総合病院での看護師の仕事は、外来業務と病棟業務の2つに分けることができます。

総合病院の外来業務は、クリニックの業務とどこが違うのでしょう。クリニック勤務の業務内容は、採血や点滴、検査など様々なものがあり、看護技術を必要とするものが多いのが特徴です。クリニックの場合、医師の診察補助を行うことは、それほど多くないようです。

それに比べて総合病院の場合、採血や検査、処置はなどそれぞれ担当の部署がありますので、主な業務内容は診察補助になります。これだけ見ると、総合病院の外来勤務って楽かも!と思うかもしれませんが、診察補助のほかに検査室や病棟などとの連絡業務があるのが総合病院の特徴と言えるでしょう。通常の検査室等への連絡だけでなく、緊急入院や緊急手術となった場合、病棟や手術室と連絡を取り合ったり、時間の調整や必要書類の処理などを行わなくてはいけません。看護技術だけでなく調整役や事務作業の能力が必要なのです。

出典 http://kango-labo.com

クリニックとの違い

健康に暮らしているときにはあまり気にならない「総合病院」と「クリニック」のちがい。おそらく多くの人が、病気や体の不調を診てもらえる医療機関をひとまとめにして「総合病院」と呼んでいるのではないでしょうか。ところが両者には明確なちがいがあって、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を総合病院、町のあちらこちらにある小規模の医療機関をクリニック(診療所)といいます。クリニックは開業医の個人経営による場合がほとんどで、軽い症状や健康相談でも受診できる、患者に最も身近なかかりつけとして機能しています。一方、総合病院には大学病院や国公立・企業病院など高度な医療を提供し、それを求めて地域の内外から患者が集まる「大規模病院」と、地域医療の中核を担う「中核病院」、さらにそこから一歩踏み込み地域のきめ細かい医療ニーズに応える「地域密着型病院」とがあり、それぞれの役割を果たしています。大規模病院の中でも特殊な検査機器や設備を完備し、先進のがん治療などを行っているのが「特定機能病院」。これは厚生労働省が承認する限られた病院で、許可病床数400以上、診療科10以上などの条件を満たしています。また、一般的に「総合病院」とも呼ばれる中核病院の機能に加え、近年では保健・介護・福祉施設とも連携しながら、高齢化社会の医療ニーズにきめ細かく応える地域密着型病院が増加。高齢化が進む中で、今後ますます数も増え、体制も強化されていくと見られています。ちなみに私たちがよく使う総合病院という呼び名ですが、国の定める医療法に明確な規定はなく、ごく一般的に浸透している通称と言えるでしょう。

出典 http://doctorsfile.jp

総合病院で働くメリット

看護師の就職・転職先は様々ですが、最も割合として大きいのが総合病院だと言われています。民間の病院の中でも規模が大きく、診療科の多い総合病院での勤務を希望する看護師の方も多いのではないでしょうか?
総合病院で働く際のメリットを上げてみたいと思います。

・給与が安定している
・一般的な症例に数多く当たることが出来、手技・技術のレベルアップが見込める
・研修や勉強会が頻繁に行われている
・新人の教育プログラムが充実している場合が多い
・幅広い医療の知識を習得できる

総合病院のメリットは、なんといっても「幅広い臨床経験を積みながら、看護師としての勉強を行える」といった所だと言えるでしょう。数多くの診療科目の診療に携わる機会があるというのも、総合病院ならではのメリットとの一つです。総合病院の場合、普段から病院こなっている業務が全て看護師としての勉強と結びついています。そのため医療に深い関心を持ち、看護師としてのキャリア・スキルアップを目指している方とって、総合病院で得られるメリットはかなり大きなものとなるに違いありません。

出典 http://www.grymdesign.com

総合病院で働くデメリット

総合病院で働いている看護師の方から聞く総合病院で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。
・残業や夜勤が多く激務である
・患者さんの急変や死に直面することが多い

・残業や夜勤が多く激務である
総合病院に転職した場合、病棟勤務となることが一般的であるため、残業や夜勤が多く激務であるというデメリットがあります。同じ総合病院でも診療科によって残業や夜勤の頻度が異なるケースが多いため、心配な方は転職活動時に確認しておくと安心です。総合病院の看護師の仕事は、プライベートよりも仕事に重きを置きたいとお考えの方に向いています。

・患者さんの急変や死に直面することが多い
総合病院は病床数が多く急性期の患者さんが数多く入院しているため、夜間の急変対応や緊急オペに追われることがあります。また、場合によっては急変から回復することができず、そのまま患者さんが死亡してしまうケースも決して珍しくありません。患者さんの急変や死は看護師の大きな精神的負担となるため、総合病院へ転職をお考えの方は念頭に置いておきましょう。

出典 http://xn--eck7a6cz61oyeqvxs4vaj38djmtsezblisla.net

看護師関連動画はこちら!

【看護師の悩み】病棟看護師 ~ 「ひろしまナースネット 看護の魅力ムービー」

出典 YouTube

【看護師の悩み】医者と看護師のリアルな恋愛話にV6・坂本昌行が・・・

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

mizuho このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら