記事提供: SILLY

ロサンゼルスを拠点に活動するフォトグラファーJonpaul Douglassさんのpizza in the wildシリーズ。LAのいろんなところでピザが設置される写真アートなのだ。

使われているピザは、アメリカの人気チェーン店リトルシーザーズのピザ。うまそうなピザがかなり雑な扱いされる。

こんな感じでポニーの上に置かれているピザ。コレは序の口だ。「は!? そんなとこ置くの?」と言うぐらいの場所にピザが置かれるのだ。まじでわけがわからない。

Jonpaul Douglass さんの写真シリーズpizza in the wild。ご賞味アレ。(ピザだけに)

これ、リトルシーザーズ的には自社の製品がこういった形で使われるのはどうなんだろうか? めっちゃ床とかに置かれて、とても「後ほどスタッフが食べましたー☆」なんて言い訳が通じそうにない。それとも、アッチだとこういう食べ物の扱いはアリなのか?

最終的に踏んじゃうし。ってか、なんかスケートボードらしいし。感性どないなっとんねん…。

ちなみにJonpaul Douglass さんの写真シリーズpizza in the wildはまだまだ他にもピザピザしてる。いろんな場所に設置されたピザ。Jonpaul Douglass のInstagramやwebサイトで、もっとピザが公開されている。ピザピザしよう!

この記事を書いたユーザー

SILLY 編集部 このユーザーの他の記事を見る

世界中で起こる最新イノベーションを テクノロジー、ガールズ、カルチャーの視点から
配信するミレニアルマガジン「SILLY」です。
https://silly.amebahypes.com/

得意ジャンル
  • ライフハック
  • インターネット
  • エンタメ
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら