知ってた?嫌味や皮肉ばかり言う人との付き合い方と対処法!

人間関係に疲れて心が廃れていませんか?
あなたが幸せに生きるための心のアドバイザー
メンタルセラピスト 末廣 真證です。

あなたの周りにも、嫌味や皮肉を言う人はいませんか?

頑張ってやった仕事に対して「よくそんな仕事で契約とれたよね。」「どうせすぐダメになるよ。」など挙げればきりがありません。

その一言が余計なんだよ!とイライラすることってありますよね。
もちろん私も仕事上色々な方々とお話しもしますし、前に働いていた職場にもいました。

実際、言われた方としては嫌な気持ちになります。多分言った本人はそのことに気づいていない場合が多いです。それって可哀想なことだと思いませんか?

その嫌味や皮肉を言う人は、気づかずに段々周りから嫌われていってしまうんですからね。自分が蒔いた種ですからしょうがないですが。しかし、仕事上付き合わなければならない場合、どう対処すれば良いのかをご紹介いたします。

まず、嫌味や皮肉を言う人の共通点からお話ししますね。

「嫌味や皮肉を言う人の共通点」

1、自尊心が低く自信がない。

自尊心が低いため、自信がなく周りの人と自分をいつも比べてしまう。しかし、その自尊心の低さや自信のなさを認めたくないため、常に上から目線で相手を傷付けようとする。

2、心に余裕がなくいつもイライラしている。

精神的に余裕がなくなってイライラしているので、自分の鬱憤ばらしのためにわざと嫌味や皮肉を言う。

3、ただ単にその人を羨ましがっている。

自分より幸せそう、自分より人生楽しそう。と思っている人に対して悔しいから相手を凹まし「ざまぁ見ろ!」と思いたい。人を蹴落として安心したい。


というように、根本的に自分中心で相手より有利な立場でいたいだけの人です。
ではそんな嫌味や皮肉を言う人とはどう付き合っていけば良いのでしょうか?

「嫌味や皮肉を言う人の対処法」

1、話を聞き流す。

嫌味や皮肉をまともに受け取っていては、心が持ちません。出来る限り「また言ってるw」と思って下さい。触らぬ神に祟りなしです。

2、感謝の言葉で返す。

嫌味や皮肉を同じように返していれば、お互い怒りがヒートアップするだけです。怒りの感情は現状を悪くするだけだと思い、大人の対応をしていきましょう。
「ご指摘ありがとうございますね。」と返しましょう。

3、無視する。

関わっていくたびにあなたにとってマイナスになる人や、非生産的な人なら無視しましょう。相手と話すだけで嫌な気持ちになるのなら、あなた自身で「もう知らん、関割りたくない。」と決め切ってしまいましょう。


このように、嫌味や皮肉を言う人は出来る限り距離を置いたりしましょうね。付き合う人を自分で判断し決めることは、あなたの人生でとても大切なことだと覚えていきましょう。

この記事を書いたユーザー

clover leaf 元お坊さんの心理カウンセラー 心の調律師 末廣 真證 このユーザーの他の記事を見る

clover leaf
元お坊さんの心理カウンセラー
心の調律師 末廣 真證です。

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス