アリシア・ヴィキャンデルという女優をご存知でしょうか?今年の第88回アカデミー賞で映画『リリーのすべて』で助演女優賞に輝いていますが、何と『トゥームレイダー』リブート版でヒロインのララ・クロフト役に決定し、SNSでは話題沸騰中です。

胸の大きさがララ・クロフトのイメージと違うという意見もあるみたいですね。

確かにアンジェリーナ・ジョリーは、ララ・クロフトに雰囲気が似てましたよね。

アリシア・ヴィキャンデルについて

Licensed by gettyimages ®

アリシア・ヴィキャンデル(Alicia Vikander)は、1988年10月3日、スウェーデンのヴェストラ・イェータランド県ヨーテボリス生まれの女優。9歳からバレエを習い始め10代後半頃まで続けるが、ケガのため停滞することに。その後2010年から本格的に映画デビューし、数々の賞を受けています。

マイケル・ファスベンダーと交際

2007年、映画『300』でスパルタ戦士役で映画デビューしたマイケル・ファスベンダーと交際していたようですが、今年のアカデミー賞授賞式にも連れ添って出席していました。

『リリーのすべて』で妻のゲルダ役を見事に演じる

世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛­を描いた伝記ドラマ『リリーのすべて』では、今年の第88回アカデミー賞で助演女優賞を獲得。

出典 YouTube

9歳からヨーテボリにあるスウェーデン王立バレエ学校(Kungliga Svenska Balettskolan)でバレエの特訓を受け、イェーテボリ歌劇場で複数のミュージカルに登場を果たし、ひと夏、アメリカンバレエ学校で夏期教育課程、トレーニングを受けるなど、世界中を回るが、ダンスキャリアは10代後半頃のケガによって停滞を余儀なくされる。

母国スウェーデンの複数の短編映画やテレビ作品に出演することからキャリアが始まり、スウェーデンの人気テレビドラマ Andra Avenyn (2008–2011)の役柄によってスカンディナヴィアで有名になる。

2010年、長編映画デビューとなるスウェーデンの映画Pureで主役カタリナを演じ、ストックホルム国際映画祭のライジングスター賞、ベルリン国際映画祭のシューティングスター賞、権威あるグルドバッゲ賞主演女優賞をそれぞれ受賞した。

出典 https://ja.wikipedia.org

ララ・クロフトのイメージは変わるのか?

出典 https://www.instagram.com

ララ・クロフトのイメージは、胸元を強調するようなボディスーツ+ショートパンツ姿で力強いヒロインですよね。今までのヒロイン役はアンジェリーナ・ジョリー。まさにはまり役と言っても過言ではないかもしれません。

Licensed by gettyimages ®

美しい顔立ちにセクシーさ溢れるボディで、まさにはまり役だったアンジェリーナ・ジョリー。

スレンダーボディが新たなイメージに

Licensed by gettyimages ®

バレエで鍛えた脚とスレンダーボディが魅力なアリシア・ヴィキャンデル

どんなララ・クロフトになるのか今から楽しみですが、彼女の本来のイメージだけはどうしても維持してもらいたいと切に願っています。

『トゥームレイダー』(Lara Croft: Tomb Raider)は2001年に制作されたアドベンチャー・アクション映画。同名のコンピュータゲームの映画化。監督はサイモン・ウェスト。続編『トゥームレイダー2 (映画)』も制作された。

出典 https://ja.wikipedia.org

『トゥームレイダー』のララ・クロフト役の前に、6月11日にはSF映画『エクス・マキナ』、10月7日公開予定『ボーン』シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン(原題)』に出演していますので、是非お見逃しなく。

この記事を書いたユーザー

ピティーB このユーザーの他の記事を見る

海外在住のプラチナユーザー&by.S公式ライターです。主に海外での話題を発信中。どうぞ宜しくお願いいたします。

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス