松本です。
日本のモンスターバンドと言われパッと思い浮かぶのは、サザンオールスターズとMr.Childrenですよね。

そのMr.Childrenのヴォーカル、桜井和寿さんとプロデューサーの小林武史さんが設立した「 ap bank fes 」が、4年ぶりに帰って来ました。真夏の野外フェスとあって、盛り上がること間違いなし!な、7月29日~31日に行われた石巻を振り返ります。

ap bank fesとは?

一般社団法人ap bank(エーピーバンク)は、小林武史、桜井和寿、坂本龍一の3人が拠出した資金を環境保護や自然エネルギー促進事業、省エネルギーなどの様々な環境保全のためのプロジェクト。

「ap」の意は「Artists'Power」及び「Alternative Power」

出典 https://ja.m.wikipedia.org

2012年以来、実に4年ぶりの開催とあって、今年は3日間で約4万人が体感し熱狂。
総勢47組のアーティスト、9組のミュージシャンが熱いステージを披露しました。


フードブースも充実

地元のとれたて新鮮な食材とトップシェフ達が集結した石巻会場では、オシャレな屋台が並んで食事も目玉のひとつ。

添加物を抑え、自然な物を使用しているので安心なのも嬉しい。

尚、このフェス限定のコラボメニューもあるので、たくさんの方が舌鼓を打ったことでしょう*

「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」

7月29日~31日は、宮城県石巻市港雲雀野地区。

暑さもさることながら澄み切った快晴な空の下。夏を音楽をとことん満喫する時間がついにやって来た!

オープニングは、Bank Band with 石巻の地元和太鼓と獅子舞、高校生合唱団、石巻メンネルコールで盛り上げる。

様々な音楽のジャンルを超えて、境界線無しでとにかく音楽を理屈なく楽しむ…
まさにap bank fesのコンセプトそのものではないでしょうか。

「to U」

出演されたアーティスト全員で、合唱することもある「to U」。
この曲は年によって様々なアレンジが加わり、その日のアーティストメンバーによって雰囲気もガラッと変わるので毎回注目されている曲です。

今年は桜井 & Salyuのコラボによる歌が披露されました。

この曲を最初に聴いたとき、私は日本版「We are the world」だと思いました。「to U」の詞は震災や戦争など、平和への祈りというメッセージ性が強いので、平和の大切さを考えさせられる曲でもあります。

「to U」より
瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を

「枯らすことなく育てていける」と誰が言い切れる?

それでも この小さな祈りを空に向けて放ってみようよ
風船のように色とりどりの祈り

愛・愛 それは強くて だけど脆くて

また争いが自然の猛威が 安らげる場所を奪って
眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく

沈んだ希望が 崩れた夢がいつの日か過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから慌てなくてもいいよ…

「これを歌うために来た!」

今年はBank Bandの7月20日に発売された新曲、「こだま、ことだま。」も披露されました。(作詞;桜井和寿 作曲;小林武史)

桜井さんいわく、「これをやるために、ここに来たと言っても過言じゃない」
というくらい、思い入れの強い曲なんですね。

この曲は、東京メトロキャンペーン「Find my Tokyo」のCMソングです。

「夢のゴール」をスガシカオ氏と歌う

スガシカオさんと同じステージに登場した桜井さん。
その顔には何故かスガさんのようなサングラスが…?

スガさんが、サングラスをかけた意を桜井さんに問うと、
「ダブルシカオで」
と答える桜井さん。会場は笑いに包まれました。

ダブルシカオで歌った曲は、「夢のゴール」(kokua 楽曲)。

ラストに届けるメッセージ

Mr.Childrenによるステージは、まだ明るいうちから始まった。以前は夕方から始まっていたステージと比べると早めのスタートとなる。

ミスチルがヘッドライナーじゃない。4年前のap bank fesとは違う、何かをファンは感じとっていたことでしょう。それぞれに…


セットリストは、「名もなき詩」、「Tomorrow never knows」、「HANABI」、「PADDLE」、「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌」、「イノセントワールド」、「足音~Be Strong」

「嫌なことがあっても、誰かがあなたの背中を押している、足音を聴いている…
孤独じゃないよ。ということを歌った曲をお届けします」

と桜井さんが語った後、石巻の地に「足音~Be Strong」のメロディが響きわたる。

ナオト・インティライミ

夏フェスと言えばナオト・インティライミというくらい、今年も夏フェスにいっぱい出演されているナオトさん。

タオルを振ってリズムに合わせて、観客も一体になれるのが嬉しい♪

MISIA × 桜井和寿

東北、石巻。この地で起きた5年前の震災…誰も忘れたことはないでしょう。

被災者の方々の言葉にできない程の辛さや苦しみ、悲しみによるこの5年間を、震災、復興に対しあえて口に出して、自分の言葉で伝えたMISIAさん。

ステージの真ん中で未来へ向けて、その強いメッセージは観客の誰もが心を揺さ振られたのではないでしょうか。

語られた後に熱唱された曲、「明日へ」。その詞はダイレクトに胸へと刻まれる程、感動させられました。

MISIA「みんなが笑顔になれるのが本当の復興」

「明日へ」 MISIA

瞼を閉じてもなお そこに見える景色が 悲しみで染まるほど涙が消えない日
優しい優しい声やぬくもりが いつもあなたのもとへ届きますように

こころ不安な夜は 部屋の明かり消すたび窓の外見えてくる 小さな光のように
優しい優しい夢だけがどうか いつもあなたのもとへ訪れますように

明日へ 明日へ 明日へと歌おう 言葉にならなくても歌い続けよう
あなたと 明日へ 明日へと行こう この道は遠くとも繋がっているから
独りじゃないから 明日へ

3年ぶりによる共演、プロデュース

ミスチルと小林武史の決別に心配していたファン

2013年「blood orange Tour」以来、3年ぶりとなるプロデューサー小林武史さんを紹介時に、歓喜あまって言葉を詰まらせた桜井さん。

また再び同じステージに立つ…
今回そのことが一番、意味あるものとなったのではないでしょうか。

ファンも待ち望んでいた「2人の立つステージ」は注目も集まりました。ミスチル × 小林武史。3年前よりも深い、新たなものを生み出す力に期待せざるを得ません。

まとめ

「ap bank fes」は2005年つま恋からスタートしました。繋げる、繋がる気持ちを信じるのなら、今年再開した意味はすごくあったのだと感じます。

日本は地震の多い国です。
今後、予測される地域等をテレビでCGシュミレーションしながら特集を組むなんて、日常茶飯事のこと。

最近でも、熊本で多くの方々が被災に遭われました。

今、共に何を考え、どう行動に移すのか?一人一人が自分自身を問い掛けるきっかけに、また被災された方々には前へと歩むきっかけになれば、このイベントの趣旨が活かされるのだと思います。

桜井さんがよく言葉にする「音楽の力」…
その力を繋げて、来年開催される「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2017」にも期待したい☆

この記事を書いたユーザー

随時、松本 このユーザーの他の記事を見る

はじめに*読んでいただきましてありがとうございます!
フリーのライターをしています。
スポットライトでは、自分が興味を持った記事が書けるし、自分の意見も言えるので
とっても楽しいです。もちろん、読んでくださる方が楽しめるように
もっともっと努力していきたいです★

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス