猫語を翻訳しようという動きは多い

猫と暮らしていると、時々「こいつ、今話してないか?」というような鳴き方をしませんか?「ホニャフニャ」としゃべるように鳴く……といったらいいのでしょうか。

我が家では3匹の猫がいますが、よくしゃべる(鳴く)猫は、本当に鳴きます。
鳴かない猫は、ごくまれに鳴くといった具合です。

飼い主としては、なんとなく気持ちをわかっているつもりです。
でも本当は、なんといっているのか気になるのです!

覚えていますか?「にゃうりんがる」

反響が大きかったにゃうりんがるですが、意外と当たってる!という反応も多かったですね。当時、自宅に猫が山ほどいたため、にゃうりんがるどころではなく、猫とのコミュニケーションツールとして迎えることはありませんでした。

アプリでも登場!人猫語翻訳機

こちらのアプリは、猫の反応が微妙でした。
実際にあれこれやってみたのですが、ある程度声になれてしまったら完全スルーです。
どちらかというと、喧嘩しているような声に聞こえるようで「警戒態勢」をとることが多く、無料の範囲内で使用した限りでは「???」という感想です。

ツールとして遊ぶのは、とても楽しいですよ♡

更に進化した猫の首輪型 猫語翻訳機!

出典 YouTube

猫の首輪型翻訳機が開発されているそうです。
発売日が待ち遠しいのですが、翻訳後の声がちょっとおじさん…?
ダンディーすぎないかな?

日本語で話すタイプも、ぜひ発売してほしいですね!

うちの猫ならば…

外に出せ!お散歩に行きたい!
おいしいカリカリにして!
猫缶ちょうだい!かつおぶし!
遊んで!ちゅっぱさせて!

なんとなく予想してしまいますが、本当はなんといっているのでしょうね(笑)

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら