ウィンドウズでペイントという機能があるの知っていますか?
ペイントを使えば、イラストが描いたり色を塗ったりできるものです。そのペイントを使ってノートパソコンのタッチパットでイラストを描いてみると、まっずくな線がかけない。線が心臓のペースメーカーみたいな線になってしまう。どうやって描けばいいのだろうと思ったことあると思います。それなら、マウスならと思ってもきれいな線でイラストがかけない。そんなときに、ペン型のマウスみたいなものがあればきれいにイラストが書けると思ったことがありませんか。それがペンタブレットです。
ペンタブレットがあれば、鉛筆や色鉛筆になったかのような、線がひけるようになるのです。ペンタブレットのペンには、マウスのようにクリックしたりダブルクリックができるようにペンの横についています。間違った線を引いたときに消しゴム機能も付いています。
ペンタブレットがあれば、紙でイラストを描くのと違ったパソコン上で描いたイラストが自分ブログに載せたりできるようになります。紙でイラストを描くと絵がうまいのか下手なのかがはっきりわかる。線がきたない。パソコンで描いた絵なら下手でも線や色がきれいだから、まるでイラストレーターみたいなものができあがります。
スマホの普及で4コマなんてものがパソコンで描かれたものを見かけます。
自分のブログにも4コマを載せたりできます。


この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら