順番を変えてみよう。食費が助かる買い物と献立。

みなさま、毎日の食事の用意、お疲れ様です!
毎日献立を決め、予算内で美味しい食事を提供するのは本当に大変ですよね。
スーパーに買い物に行ったり、毎日の献立を決めるだけでも一苦労。
多品目の食事を作ろうと思ったらあっという間に予算オーバー。
そんな経験から、お料理が苦手になってしまった方もいらっしゃるのでは?

お買い物の際、二つのパターンに分かれると思います。

・レシピを決めてから買い物をする
・買い物をしてからレシピを決める

前者の場合、無駄な買い物は少ないけれど欲しいものが特売とは限らない、後者の場合、無駄な買い物がでてしまう可能性がある、という恐れがあります。

筆者の場合、無駄を出すのが嫌でレシピを決めてから買い物をすることが多かったのですが、どうしても高い買い物をすることになり、食費がうなぎ上りでした。

レシピサイトを利用して、特売品からレシピを決める方法へ変更

最近はレシピサイトが充実しています。
食材を打ち込むと、レシピがずらっと表示されて便利。
それを利用して、スーパーでは「特売表示のもの」を中心にお買い物。

(特売を買うときに注意しているのは、

・日持ちのしないものは、できるだけ買わない。

ということです。日持ちがしないものは、鮮度が落ちて食べられなくなることが多いからです。)

お買い物をすませたら、検索サイトで食材を打ち込んでレシピを検索します。
ずらっと並んだレシピから、気分に合わせて献立を決めます。

この方法のいいところ

何といっても特売品をうまく利用できることで食費を抑えらえることですが、
普段あまり買わないものを料理すること、新しいレシピに挑戦することでレパートリーが広がるメリットがあります。
気分によって、こってり、あっさり、和洋中とメニューを変えられるのも魅力。

いかがでしたか?

料理の方法や食費の事情は人それぞれだとは思いますが、筆者はこの「特売を使う+レシピは検索」という方法で、食事の質をおとさず食費を抑えることができています。
参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いたユーザー

ゆう このユーザーの他の記事を見る

主婦の仕事を日々研究中ー!
生活の知恵を実践して発信します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら