Licensed by gettyimages ®

皆さんは何を基準にシャンプーを選んでいますか?本当に数多く発売されていることから選ぶのに苦労している方もいるのではないでしょうか?皆さんが疑問に思っているであろうポイントを中心に紹介していきたいと思います。

シャンプーの種類

●高級アルコール系シャンプー
高級と付くから値段が高いとか品質が良いというわけではありません。アルコールの分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコール、少ないものを低級アルコールと呼びます。
炭素数が多いものは泡立ちが良く、程よい洗浄力を持っています。一部に天然由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤が使われている商品もありますが、多くが石油由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤を使用しています。
石油由来の界面活性剤は、人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。市販されているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。
●石けん系シャンプー
多くの商品に、洗浄成分として天然由来の油脂や脂肪酸にアルカリを反応させて作られた界面活性剤(石けん)が使われています。石けんは、天然由来の原料から作られることや、古い歴史をもち、人間が長く使ってきた界面活性剤であることから、石けん系シャンプーは、安全・自然志向の方から好まれています。アルカリ性で洗浄力も強く、毛穴の汚れも落としてくれますが、正しく使わないと皮脂をとりすぎるという特性も。
●アミノ酸系シャンプー
前述のシャンプーと比べて刺激が弱く、頭皮にも優しい天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させて作られた界面活性剤が使われています。肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにオススメで、よく美容院で使われています。洗浄力も強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には向きません。

出典 http://www.skincare-univ.com

フケに効果的なシャンプーってあるの?

フケ対策に適したシャンプーは、自分の頭皮にあった優しいシャンプーと言えます。「優しい」とは頭皮に負担を与えないシャンプーのこと。これまで頭皮に負担を与えているせいでフケが出ていた場合、シャンプーを変えるだけで、フケが改善される場合があります。シャンプー選びのポイントを以下に紹介します。
フケにはアミノ酸系のシャンプー
シャンプーは界面活性剤の種類から、「アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石鹸系シャンプー」の3つに大きく分けることができます。
いずれのタイプのシャンプーも店頭にはたくさん並んでおり、それぞれにメリットがあります。フケ対策を意識してシャンプーを変える場合は、洗浄力の強さを考えて「アミノ酸系シャンプー」を選んでみるとよいでしょう。アミノ酸系シャンプーは、他のタイプより洗浄力がマイルドなので、頭皮への刺激になりにくいからです。
洗浄力の強いシャンプーは、本来必要な皮脂まで取り除いてしまいやすいので、頭皮をさらに乾燥させフケを発生させることになりかねません。
また、強い界面活性剤は皮膚に残りやすい性質をもっているため、すすぎが足りないと頭皮に残ってしまったり、毛穴をふさいだりしてしまう可能性もあります。この場合も頭皮トラブルとなって、フケを発生させてしまいます。
ノンシリコンタイプを選んでおくほうが無難
シャンプーにはシリコンタイプとノンシリコンタイプに分けることができます。フケを改善するためにはノンシリコンタイプを選ぶとよいでしょう。
多くのシャンプーにシリコンが入っているのは、洗いあがったあとに髪のツヤを出すためです。確かにツヤのある髪の毛を維持するためにシリコンは効果的ですが、すすぎが足りないせいでシリコンが頭皮に残ってしまうと、頭皮に負担を与えてしまいます。
シリコンは安全な物質とされ、医療の現場でも使われています。しかしながら、シリコン入りのシャンプーによって頭皮トラブルを起こす方もいるので、フケが気になる場合は使用しない方が無難です。

出典 http://www.skincare-univ.com

かゆみや炎症を伴う場合は有効な成分が入っている物を選ぶようにするといいでしょう。

最近、よく耳にするノンシリコンシャンプーって?

シリコンとは、化学反応によって作られる完全人工物のことです。スキンケアやヘアケアに広く使われていて、キューティクルに付着しコーティングする作用があるので、手触り良く艶を出すなどの効果があります。しかし髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。そのため、この成分に頼ったヘアケアを続けていると、髪の傷みを進行させてしまうことにもなります。
このシリコンを配合していないのがノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーと質の良いコンディショナーを併用することで、髪は本来の健康を取り戻します。
ノンシリコンシャンプーと謳っていて、確かにシャンプーにはシリコン剤が入っていないけれど、安価なラウリル系の合成界面活性剤が多く含まれ、コンディショナーやトリートメントにシリコンが上位表示されているものも多くあります。値段が高いだけで普通のシャンプーと変わりませんのでご注意下さい。

出典 http://bihada-mania.jp

「ちゃんとシャンプーしているのになんだか頭皮がベタつく」という人は、もしかしてシリコンが毛穴をふさいでいるからかも。気になる人は今のシャンプーをノンシリコンシャンプーに変えてみたり、テスターで数日試してみるのも良いでしょう。また、シリコン入りのシャンプーはパーマ剤やカラー剤が浸透しにくくなるそうなので、パーマやカラーを長持ちさせたい人にはノンシリコンがオススメです。

出典 http://getnews.jp

リンス、コンディショナー、トリートメントの役割

・リンス・コンディショナーの役割
メーカーによって、「リンス」、「コンディショナー」などと呼び名が変わりますが、一般的には、どちらも髪の表面に保護膜を作ることを目的として作られています。
髪に保護膜を張ることで、外部からの刺激に強くなるだけではく、髪のすべりがよくなり、パサつきも抑えることができます。見た目や触った感触も良くなりますので、たいてい、シャンプーを使ったあとは、リンスやコンディショナーを使う方が多いのではないかと思います。
最近は、リンスやコンディショナーの中にも、このあとに説明するトリートメントと同じような効果を持つものも多く存在しますが、それらのトリートメント成分を含むリンスは、髪の表面だけでなく、内部にまで浸透するので、髪の毛のダメージを補修する効果があります。
・トリートメントの役割
トリートメントは、髪の毛の内部に成分を浸透させ、髪の傷みを補修したり、うねりやハネを抑えられるよう髪の質感をコントロールさせたりするような効果があります。最近では、メーカーによっては『ヘアパック』と呼ばれる商品も出ていますが、これも、基本的にはトリートメントと同じ役割です。
トリートメントはダメージを補修することを目的としていますが、リンスやコンディショナーと同じように、髪の表面に保護膜を作る効果のあるトリートメントも多く存在します。
ですから、以前のようにシャンプー、リンス、トリートメントのすべてを使わなくても、シャンプーとリンス、もしくはシャンプーとトリートメントだけで、シャンプー、リンス、トリートメントの持つ3つの効果を得られることができるのです。

出典 http://www.skincare-univ.com

シャンプー動画をご紹介!

自分でできる正しいシャンプー編

出典 YouTube

正しいシャンプー法

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

ポンpon このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 動物
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス