甘い味だけがもてはやされる鈍った味覚の現代

どんけなしの、味の無いリンゴが 日本の市場に多く出回ってから、もう何年くらい経つだろうか?

大多数の日本人の好みの味覚は、なぜ甘い味の食べ物だけが圧倒的に人気を博して、果物や食品の味付けがどんどん甘く味付けされてしまっている中で、酸味の強い食べ物や、辛い味の食品は、まるで一部のマニアックな人達の嗜好品のように扱われ、一旦流行することはあっても、なぜ甘みのように定着しないのだろうと、常々不思議な気がして仕方ない。

刺激を知らずに育った子供は味覚音痴の大人になってしまう

やれカロリー制限だのダイエットだの、ヘルシーに健康にと声高に叫んでばかりの、やたら健康志向・健康ブームの現代だが、刺激の少ない 味付けの薄いものばかり流行して、甘みだけが強いものばかり もてはやされてしまっている現代の状況の中で、これからの未来の社会を背負って行くはずの若い世代の人間達が、酸味・塩味・辛味・苦味などの、刺激を極力避けて育てられてしまったのでは、味の区別を正確に判断できない、味覚音痴の子供ばかりが育って、本当の味覚を知らない大人に成長してしまう。


酸味と辛味も塩分も、まるで悪者扱い

幼い頃から 両親に大切に育ててもらって、青春時代頃までは、全国の様々な美味しいものや、いろいろな珍しい食べ物などを、たくさん口にすることが出来たおかげで、どうやら無事に正常な味覚の大人に成長できたし、現在も味覚には結構自信が有る。

ところが悲しいことに、現代社会は健康ブームと引き換えに、様々な食品の分野での、酸味も辛味も塩分も、ちょっとでも刺激の強い食べ物が目の敵にされて、まるで悪者扱いにされてしまっている状況が多々見受けられる。

甘みばかりが市場でもてはやされてしまい、リンゴもみかんも 苺やグレープフルーツも、身近に有って馴染みのある果物が、酸味を抑えてなるべく甘みばかりが強くなるように品種改良を重ねられてしまったせいで、『 どんけなし( 味が薄くて酸味などの刺激が少なく、香りも弱い、ぼやけてしまった味しか残っていない食べ物の様子を表す意味の言葉 )』のフルーツばかりが圧倒的に多く店頭に並んでしまっている。

かつての柑橘系のフルーツ特有の、酸っぱい味の果実本来の味わい深いものは、自分の子供に刺激の強いものを与えるのを敬遠する親たちの、誤った要望や偏向嗜好に押されて市場から追いやられ、店頭からも影を潜めてしまっている。

だからこそ、現代は果物離れする若者が増えてしまうのではないか。

健康志向もわかるけれど

あのネットリといつまでも、食べた後に口の中に残ってしまう、不快な味わいの人工甘味料は、高血圧や皮下脂肪の抑制目的やダイエットの目的などで、不味いくせに一向に減る気配がない。

その代わりに、まるで赤ん坊の食べ物のように、べっとりと人工甘味料や蜂蜜などで、どっぷりと不自然な甘みに浸した、酸味も塩味も感じられない異常な味の梅干しやたくあん等が、涼しい顔で店頭の漬物売り場に平然と鎮座してしまっている。

こんな異常な味の梅干しや漬物を食べさせられて育った子供は、将来どれほどの滑稽な味覚音痴に成長するのだろうと、恐ろしささえ感じてしまうが、つくづく現代のようにクレイジーな味がもてはやされる、異常な時代に生まれてこなくて良かったと、両親に感謝したくなる。

自分で工夫するのは朝飯前だけど

甘みが強くなるはずの、酸味を抑えて品種改良されたリンゴを買ってきても、味覚が敏感な私でさえ、ほとんど香りもせず、まるで無味無臭の不思議な新種の木かぶをかじっているかのような感触の、果物もどきしか、なかなか手に入らないので、毎回そんなリンゴを買ってきては、仕方なく酢漬けにしてから食べている。

綺麗に洗ったリンゴを12等分ぐらいに切ってから、深めのタッパーに入れて、酢をタッパーの上限までたっぷりと注ぎ、塩と蜂蜜を入れて味を調える。
こうしておけば、間抜けな味しかしない不味い市販のリンゴでも、充分美味しくなるし、長期間痛んだり腐ったりもしない。

何よりも、リンゴの本来あるべき酸味も取り戻せるし、お酢の効果でそれこそヘルシーになるから、まさに一石三鳥、もしくは一石四鳥である。


昔ながらの酸味の強い果物に戻してほしい

品種改良でちゃんとした味がしなくなった不味いリンゴを、悲しい気持ちでボソボソ噛むよりも、こういった美味しくなるような工夫をするのは、いくらでも思いつくし、別にそれほど面倒でもない。

けれど、フルーツや梅干しなどの本来は強い酸味の食品や、唐辛子などの辛い味の食べ物類は、出来る限り元のように、酸っぱい食べ物は酸っぱく、辛い食べ物は辛く、それぞれの持っていた特徴をスポイルしてしまうことなく、正常な味に戻してほしい。

果物農家などの生産者は、甘みばかりもてはやされるような、異常な味覚の消費者の要望ばかりに応えていないで、本来の薫り高く味わい深い果物や、味のしっかりした食品の本来の姿に戻してほしいと切に願ってやまない。

この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら