Licensed by gettyimages ®

「来週には新しい職場に行ってくれ!」突然の辞令で、転勤が決まった場合、時間もなく引越し業者を探している余裕などないことがほとんどです。しかしながら時間を刻一刻と過ぎてしまいます。効率よく業者を選ぶ方法等、引越しに関連したことについてまとめてみました。参考にして下さい。

時間をかけずに安い業者を選ぶ方法

引越しするコツは、段取りと情報収集です。
引越し先が決まれば、各ご家庭の予算や状況に応じてスケジュール表を作り、そのスケジュール表を基本として、退去の手続き・荷造り・新居への移動・引っ越し先の手続きなど、一連の引っ越し作業の流れを段取りすることが重要です。

また情報収集とは、引っ越し先の手続きしないといけない市役所や区役所の場所、生活するのに重要な市場やスーパーの場所など、引っ越し後もスムーズに生活する為の情報を、ネット等を使い調べておきましょう。

一番重要なのは、なんと言っても引っ越し業者探しです!
普通みなさんは1~2社の引越し業者と交渉しますが、それでは引越し料金も安くなりませんし、サービスも少ないです。
4~5社の引越し業者から概算見積もりをもらい、引越し料金・サービス・オプション・対応など、比較し交渉することで、一番安い引っ越い業者、一番良いサービスをしてくれる引越し業者、一番良いオプションを付けてくれる引越し業者、丁寧な対応・迅速な対応をしてくれる引越し業者が見つかります。

引っ越しは決して安くできるものではありません。
ですから、複数社の引越し業者を比較検討して、みなさんの条件に合った、一番安く・一番サービスも良く・親切な対応をしてれる、引越し業者を探しましょう。

出典 http://www.suzubaka.net

インターネットを利用した一括見積もりサイトを利用すると効率よく業者を探せるようです。

一括見積もりのメリット

1. たった一回のフォーム入力で複数の引っ越し業者情報をゲット
これが最大のメリットでしょうか。
毎回自分で1社1社調べては、お決まりの入力フォームへ同じ入力をすることなく、1回のフォーム入力で多くの引っ越し業者へ見積もり依頼したことになります。
2. 手間がかからない
引っ越しは普段の生活をしながらにして、情報収集と連絡をしなければなりません。
しかし、一括見積もり請求なら、あなたが普段お生活をしている間に、様々なタイプの引っ越し業者からあなたに合った引越し料金目安などの連絡をしてきてくれます。
3. 自分では思いつかない、実はその地域で活躍する意外な安い業者に出会える可能性
これぞ一括請求を使う副産物かもしれません。
結局自分で調べる場合、見積もり依頼として探し出せるのは大手の会社がほとんど。しかし、大手=良い理由はどこにもありません。
そんな中で意外な会社との出会いが意外なリーズナブル引っ越しを実現する場合があります。

出典 http://www.hikkoshitek.com

一括見積もりのデメリット

・大量にメールや電話がくる
・選択肢が多くなりすぎて、どの業者に任せるか悩む

デメリットで記載したように、一括見積もりサイトを利用した後に、大量にメールや電話がくることに、うんざりしてしまう方は多い傾向にあります。ただし、これは事前に見積もりの依頼をする際に、メールのみの連絡を選択したり、自分で見積もり先を選べるサイトを利用すれば回避できます。

選択肢が多くなって悩むことはありますが、少ないよりも多い方がより最適な業者を見つけられる確率が高まるので、自分の選択基準(安さ or 安心感)をもとに判断してみることが大事です。

わざわざ1社1社電話をして見積もりをするよりも、事前に一括見積もりサイトを使った方が良いと思います。住所や人数だけでなく、自転車やバイク、テレビやベッド、パソコンやピアノ、洗濯機やエアコンといった荷物の詳細を入力することで、時間を短縮して費用を算出できるのでオススメです。

出典 http://hinahina.oops.jp

メリット、デメリットを考慮に入れて上手に活用しましょう。

確認するべき事項

契約を締結したあとに必要になるのは、どういうことなのでしょうか。
家にきて荷物の量を見てもらっている場合というのは、それほど多くのトラブルは起きないはずです。実際に、プロの引越し業者が目で見て確認しているわけですからね。
ただ、それでも、引越しまでの間に荷物が増えてしまう可能性というのはあります。また、天候が悪い季節や土地柄だと、決めた日に雨降りなどに見舞われてしまう確率も高くなります。そのときにはどんな対応をすることになるのか、追加料金の有無(発生するようならばいくらくらいか)も確認しておきたいですね。こうすることによって、起こりうる金銭トラブルを事前に防ぐことができます。
尚、やむを得ない状況(たとえば急病などですね)で、引越しをキャンセルしなければならなくなる人もいるかと思います。このときは、多くのケースで「キャンセル料金」が発生します。これはだいたい見積もり額の20パーセント程度が相場だと言われています。もちろん会社ごとによって違いは多少ありますが、このキャンセル料金が発生するタイミングは、前日~当日であることがほとんどです。

出典 http://www.hikoshi-lab.com

サカイ技術アピール

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

えだまめ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 国内旅行
  • テレビ
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス