歌う女性ドラマーとして人気のアーティスト「シシド・カフカ」

歌う女性ドラマーでありながら、モデルとしても活躍するアーティスト、シシド・カフカさん。

175㎝の長身と、デビューして以来変えていないというトレードマークの美しい黒のストレートヘア。その美しい姿に心惹かれるファンは少なくないようです。

1994年にはドラマ「ファーストクラス」で女優デビュー

出典 http://www.amazon.co.jp

2014年には連続ドラマ『ファーストクラス』(フジ系)で女優デビュー。

ドラマでは菜々緒さんが演じる川島レミ絵の姉で、絶対零度の冷徹さを持つ才女・川島ナミ絵役で出演し、そのブラックな演技はネットでも話題になりました。

そんなシシド・カフカさんが5月9日に放送された『痛快TVスカッとジャパン2時間SP』(フジテレビ)に出演。

ナミ絵ならぬ「上から目線のブティック店長・ナミ」を演じ、その悪女っぷりがネットで話題になっているようです。

上から目線の舌打ち店長「黒田ナミ」を演じたシシド・カフカ

この日の放送では「上から目線の舌打ち店長」としてブティック店長・黒田ナミを演じたシシド・カフカさん。

ファーストクラスでも共演した山谷花純さんが演じる新人スタッフのミスを見つけては舌打ちを連発。説明を求められると早口で捲し立て「お前ほんっと使えねーな」と詰め寄っていくシシド・カフカさん。

当の山谷さんも「半端ない勢いでいたぶられた」と語ったシシド姉さんの演技には多くの人が恐怖を感じていたようです。

また、今回の放送でみせた悪女っぷりは”あの人”よりも怖いとの声も…

現在、”悪女”役を演じることで右に出るものはいないとの声も多いモデルで女優の菜々緒さん。

しかし、今回の放送で見せたシシド・カフカさんの怪演には「菜々緒より怖い!」との声もあがるほど。視聴者からは菜々緒さんとの悪女共演を望む声も相次いでいるようです。

その”悪女っぷり”に高い評価を受けることになったシシド・カフカ

【スカッとジャパン】この表情も無の境地。

自身のInstagramでは、今回の放送について「睨み続けると、眼筋がおかしくなる」とその感想を綴る一方で、その悪女っぷりが視聴者からは高く評価されているシシド・カフカさん。

ミュージシャンとしての活躍はもちろんですが、女優として再び”悪女”を演じる日が来るのかどうか。今後も彼女の活躍からは目が離せそうにありませんね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス