インドではナンよりチャパティなんだって。
ナンなんて、一般家庭ではほとんど焼かないらしいですよ。
タンドール窯で焼くナンよりも、チャパティだったら家庭用コンロでできるからね。
やっぱりカレーは本格的インド家庭料理のチャパティで食べたいよね。うん、そうだね。当然だよね。
決してナンを作るのが面倒くさいわけじゃないんだよ。

・・・と家族に言い訳しつつ、有無を言わさずチャパティを焼いてみよう~~
Let's begin!

材料

出典筆者撮影

小麦粉・・・200g 画像の数字は201gとか、あまり細かいことは見なかったことしましょう。
サラダオイル・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ(小さじ1/4ぐらい)
ぬるま湯・・・100㎖~ その時によってまとまり具合が違うので、様子を見ながら少しずつ足します。

ホームベーカリーに材料入れて、5~10分捏ねます。
もちろん手で捏ねてもOK

寝かす。

出典筆者撮影

捏ね終わったらまとめてラップをかけ、30分寝かせます。

焼く

出典筆者撮影

寝かした生地を6等分して、1枚ずつ伸ばしてフライパンで焼きます。表裏を交互に。
油は引きません。
薄い方がキレイに焼き上がります。

できあがり。

出典筆者撮影

カレーに添えます。
ちぎっては食べ、ちぎっては食べ。
形が揃ってないところが、また、本場っぽいよね~~。
野菜やお肉を炒めて挟んで、トルティーヤやラップサンドにして食べてもおいしいです。
ピザっぽく具をのせて焼いてもOK。
いやあ、チャパティって万能ですね~~。これイイわー。

いやいや、決してナンを作るのが面倒というわけではないですよ。

この記事を書いたユーザー

森晴吾 このユーザーの他の記事を見る

日本のわりと南の方で、ねこと家族とのらりくらり生きています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら